2007年11月03日

栃木SC痛恨の引き分け!ガイナーレ鳥取戦。Jリーグ昇格が厳しくなった

JFL後期第13節は本日6試合が行われた。
栃木SCとガイナーレ鳥取のJリーグ準加盟チームの試合は、ホーム栃木SCが前半5分、横山聡の得点で先制。
15分にも横山が決めてリードを広げる。
栃木SC2点のリードで迎えた後半、鳥取は62分に堀池の得点で1点差に詰め寄る。
残り時間も少なくなった86分、戸田の得点で鳥取が追いつく。
試合はそのまま終了し引き分けに終わる。
Jリーグ昇格条件の4位以内に僅かの望みをつないでいた栃木SCだが、この日の引き分けで大変厳しい状況になった。
栃木SC対ガイナーレ鳥取の試合は3−3の引き分け。

ロッソ熊本とFC岐阜は、それぞれFC刈谷、ソニー仙台FCと対戦。
両チーム共苦しみながら1点差で勝利をものにする。
熊本は後半56分、山口の得点で先制するとその山口が69分に退場で一人少なくなるが粘り強く守りそのまま逃げ切り、J昇格の4位以内にまた一歩近づく。
岐阜も後半2度のリードをソニー仙台に追いつかれるが、最後はジョルジーニョの得点で勝ち越し貴重な勝ち点3を挙げる。
ロッソ熊本対FC刈谷の試合は、1−0でロッソ熊本の勝利。
FC岐阜対ソニー仙台FCの試合は、3−2でFC岐阜の勝利。

YKK APとFC琉球の試合は、YKKが前半1点をリードすると後半にも3点を追加し琉球に快勝。
3位の座を守る。
YKK AP対FC琉球の試合は、4−0でYKK APの勝利。

アローズ北陸とアルテ高崎の試合は、アローズが前半7分、石田の得点で先制するとアローズがゴールラッシュを見せる。
石田の連続5得点で大きくリードすると、その後も2点を追加し7得点で高崎に大勝。
アローズ北陸対アルテ高崎の試合は、アローズ北陸の試合は7−0でアローズ北陸の勝利。

横河武蔵野FCとジェフリザーブズの試合は、横河が前半2点をリードすると前半のリードを守り武蔵野がジェフを破り順位を7位に上げる。
横河武蔵野FC対ジェフリザーブズの試合は、2−0で横河武蔵野FCの勝利。

第13節の残り3試合は、11月7日(水)にTDK SC対三菱水島FC戦が行われ、11月28日(水)にHonda FC対流通経済大学、佐川急便SC対佐川印刷SCの2試合が行われる。

後期第14節は、1月10日(土)、11日(日)に行われる。
佐川急便SCは、2位熊本の結果に関係なく引き分け以上で優勝が決定する。



■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 73 +48
2 ロッソ熊本 61 +24
3 YKK AP 54 +14
4 FC岐阜 53 +11
5 アローズ北陸 52 +11
6 Honda FC 48 +18
7 横河武蔵野FC 45 +4
8 ジェフリザーブズ 45 +2
9 栃木SC 43 +11
10 流通経済大学 41 +1
11 佐川印刷SC 39 -6
12 ガイナーレ鳥取 36 -5
13 TDK SC 34 0
14 三菱水島FC 34 -11
15 ソニー仙台FC 34 -16
16 FC刈谷 27 -20
17 FC琉球 23 -39
18 アルテ高崎 6 -47

出展:JFLニュース
posted by 栃木SCファン at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

栃木SC、アルテ高崎に勝利!暫定8位

JFL後期第12節となる2007年10月27日(土)13時、栃木SCは浜川グランドでアルテ高崎と対戦した。
前半0−0のまま折り返した後半80分、栃木SC山下義輝の得点が決勝弾となった。
JFL昇格を目指す栃木SCは、暫定順位8位。
アルテ高崎対栃木SCの試合は、0−1で栃木SCの勝利。

ガイナーレ鳥取対横川武蔵野FCの試合は、2−2の引き分け。

他の試合は、明日各地で行われる。

posted by 栃木SCファン at 23:14| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

栃木SCホームで大勝、三菱水島FC戦5−0で勝利!

JFL後期第11節は、10月20日(土)21日(日)に各地で行われた。

栃木SCと三菱水島FCの試合は、10月21日(日)に栃木SCホームの栃木グリーンスタジアムで行われた。
栃木SCは前半立ち上がりに先制すると前半だけで3点を挙げた。
後半終了間際にも2点を追加した栃木SCが横山聡のハットトリックなどで三菱水島に大勝。
得点は、前半1分に横山 聡選手、29分にも横山 聡選手、43分に谷池 洋平選手が得点、後半終了間際の、88分に横山 聡選手、89分に深澤 幸次選手が得点、合計5得点で三菱水島FCを圧倒した。
栃木SCと三菱水島FCの試合は、5−0で栃木SCの勝利。

2位のロッソ熊本は、Honda FCと対戦。
熊本のホーム熊本県民総合運動公園陸上競技場に6,365人の観衆を集めて行われた試合は、前半11分、熊本はフリーキックから上村の得点で先制。
先制点を許すもののゲームを支配するHondaは熊本ゴールに迫る。
後半に入ってもHondaのリズムで試合は進み60分、Hondaは土屋の得点で追いつくと、その後も攻め続けるが決勝点を奪うことができない。
試合はそのまま終了し、引き分けに終わる。
ロッソ熊本とHonda FCの試合は、1−1で引き分け。

首位を独走中の佐川急便SCは、3位のYKK APと対戦。
佐川急便は前期ホームでYKKに敗れているだけに負けられないところ、佐川急便は前半35分、中村からのパスを堀が決めて先制。
後半に入り佐川急便は51分、御給の得点で追加点を挙げると終了間際にも竹谷が決めてYKK APを破る。
この結果早ければ次節にも佐川急便SCの優勝が決まる。
佐川急便SCとYKK APの試合は、3−0で佐川急便SCの勝利。

アローズ北陸と流通経済大学の試合は、アローズは前半立ち上がりの6分、石田の得点で先制。
後半に入り石田のこの日2点目となる得点でリードを広げると、その後も金が得点。
流経大の反撃を1点に押さ、勝ったアローズは順位を3位に上げる。
アローズ北陸と流通経済大学の試合は、3−1でアローズ北陸の勝利。

ジェフリザーブズとFC岐阜の試合は、前半相川の得点で先制した岐阜は、後半にも追加点を挙げるとジェフの反撃を終了間際の1点に抑えそのまま逃げ切る。
ジェフリザーブズとFC岐阜の試合は、1−2でFC岐阜の勝利。

横河武蔵野FCとTDK SCの試合は、同点で迎えた後半立ち上がり武蔵野は池上の得点で勝ち越すと、その後も2点を追加した武蔵野がTDKを破る。
横河武蔵野FCとTDK SCの試合は、4−1で横河武蔵野FCの勝利。

ソニー仙台FCと佐川印刷SCの試合は、ソニー仙台が終盤までリードを奪うが、佐川印刷は81分に同点に追いつくと、終了間際に平井の得点でソニー仙台に逆転勝ち。
ソニー仙台FCと佐川印刷SCの試合は、2−3で佐川印刷SCの勝利。

ガイナーレ鳥取とFC刈谷の試合は、前半立ち上がりに刈谷が先制。
前半から退場者を出し苦しい鳥取も後半に追いつくが試合はそのまま引き分け。
ガイナーレ鳥取とFC刈谷の試合は、1−1で引き分け。

アルテ高崎とFC琉球の試合は、前半高崎が先制するが、琉球も後半同点に追いつくと終了間際、三原の得点で高崎に逆転勝ち。
今節の結果、次節首位の佐川急便SCが勝ち、2位のロッソ熊本が引き分けか敗れた場合、また佐川急便が引き分けて熊本が敗れた場合、佐川急便の優勝が決まる。
アルテ高崎とFC琉球の試合は、1−2でFC琉球の勝利。

JFL後期第12節は、10月27日(土)28日(日)の両日に行われる。
栃木SC対アルテ高崎の試合は、10月27日(土)浜川グランドで行われる。
佐川急便とロッソ熊本は、それぞれアウェーでFC琉球、ジェフリザーブズと対戦。



■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 70 +46
2 ロッソ熊本 55 +22
3 アローズ北陸 49 +7
4 YKK AP 48 +9
5 FC岐阜 47 +9
6 Honda FC 45 +15
7 ジェフリザーブズ 45 +5
8 流通経済大学 41 +2
9 横河武蔵野FC 41 +2
10 栃木SC 39 +10
11 佐川印刷SC 39 -3
12 ガイナーレ鳥取 34 -5
13 三菱水島FC 34 -10
14 TDK SC 31 -1
15 ソニー仙台FC 31 -18
16 FC刈谷 27 -18
17 FC琉球 23 -33
18 アルテ高崎 6 -39

出展:JFLニュース
posted by 栃木SCファン at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

栃木SCは、TDK SC戦引き分けに終わる

JFLは、天皇杯、国体等の関係で約1ヶ月の中断を経て後期第10節が再開された。

栃木SCとTDK SCとの試合は、栃木SCは前半終了間際谷池の得点で先制。
TDKも後半池田の得点で追いつくと試合はそのまま引き分けに終わる。
Jリーグ昇格には勝星がほしい栃木SCには痛い引き分けとなった。
栃木SCとTDK SCとの試合は、1−1の引き分け。

上位チームの直接対決が2試合行われ、ここまで首位の佐川急便SCと2位のロッソ熊本の試合が皇子山陸上競技場で行われた。
勝てば優勝にまた一歩近づく佐川急便は、前半27分中村のパスを受けた御給の得点で先制する。
熊本も佐川急便以上のシュートを放つが得点には至らず前半を終了。
後半に入りリードする佐川急便に対し、熊本も反撃に出るが佐川急便の守備陣を崩すことができず、結局前半のリードを守った佐川急便が熊本を破り、2位との勝点差を13とし首位独走状態とする。
佐川急便SCとロッソ熊本の試合は、1−0で佐川急便SCの勝利。

3位のYKK APと4位FC岐阜の試合は、岐阜のホーム長良川競技場で行われた。
岐阜は立ち上がりの2分、片桐の得点で先制すると23分にも深津の得点でリードを広げる。
後半に入りリズムを掴んだYKKは、58分長谷川の得点で1点差に詰め寄り、65分にも長谷川が決めて追いつと75分に猿田の得点で逆転。
逆転を許した岐阜も85分に交代で入ったジョルジーニョの得点で追いつき、点の取り合いとなった試合は引き分けに終わる。
敗れた岐阜は順位を7位に下げる。
YKK APと岐阜の試合は、3−3の引き分け。

その他の試合は、三菱水島FCとアローズ北陸の試合は、前半立ち上がりアローズは永富の得点で先制するが、三菱水島も山下の得点で追いつく。
引き分けで終わるかと思われた後半ロスタイム、アローズは交代で入った今井の得点で試合を決める。
勝ったアローズは順位を4位に上げる。
三菱水島FCとアローズ北陸の試合は、1−2でアローズ北陸の勝利。

Honda FCと横河武蔵野FCの試合は、両チーム得点なく迎えた後半、Hondaはコーナーキックから河住の得点で先制するとその後も追加点を上げて武蔵野に快勝。
Honda FCと横河武蔵野FCの試合は、3−0でHonda FCの勝利。

流通経済大学とソニー仙台FCの試合は、流経大が前半2点をリードすると後半にも追加点を挙げた流経大がソニーの反撃を1点に押さえソニーを破る。
流通経済大学とソニー仙台FCの試合は、4−1で流通経済大学の勝利。

佐川印刷SCとアルテ高崎の試合は、前半佐川印刷は東の得点で先制すると後半にも平井の追加点追加点を挙で高崎を破る。
佐川印刷SCとアルテ高崎の試合は、2−0で佐川印刷SCの勝利。

FC琉球とガイナーレ鳥取の試合は、前半先制した鳥取が後半琉球の反撃を1点に押さえ9勝目を挙げる。
FC琉球とガイナーレ鳥取の試合は、1−2でガイナーレ鳥取の勝利。

FC刈谷とジェフリザーブズの試合は、前半2点をリードしたジェフが、後半にも追加点を挙げ刈谷を破り順位を5位に上げる。
FC刈谷とジェフリザーブズの試合は、0−3でジェフリザーブズの勝利。


JFL後期第11節は、10月20日(土)21日(日)の両日に行われる。
栃木SCは、10月21日(日)ホームの栃木グリーンスタジアムに三菱水島FCを迎えての一戦、Jリーグ昇格には正念場の一戦となる。



■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 67 +43
2 ロッソ熊本 54 +22
3 YKK AP 48 +12
4 アローズ北陸 46 +5
5 ジェフリザーブズ 45 +6
6 Honda FC 44 +15
7 FC岐阜 44 +8
8 流通経済大学 41 +4
9 横河武蔵野FC 38 -1
10 栃木SC 36 +5
11 佐川印刷SC 36 -4
12 三菱水島FC 34 -5
13 ガイナーレ鳥取 33 -5
14 TDK SC 31 +2
15 ソニー仙台FC 31 -17
16 FC刈谷 26 -18
17 FC琉球 20 -34
18 アルテ高崎 6 -38

出展:JFLニュース
posted by 栃木SCファン at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

栃木SC敗れる!天皇杯3回戦、J2福岡戦

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会は7日、各地で3回戦14試合を行い、栃木SCは福岡東平尾公園博多の森球技場でJリーグ2部(J2)のアビスパ福岡に0−4と完敗した。
東京ヴェルディ1969戦を下した昨年に続き、2年連続の4回戦進出はならなかった。

J2で2位の得点力を誇る福岡に対し、栃木SCは序盤、堅い守りを発揮した。
得点ランキング2位のFWアレックスら外国人FWに対し、厳しいプレッシャーを与え、得点を許さなかった。

ところが、前半終了間際の44分、アレックスに決められ失点。
後半はMF深沢幸治次、永井健太らを投入して勝負に出たが、逆にFWリンコンに2得点を許すなど3点を失った。
攻撃陣も前半から幾度かゴールに迫ったが、最後までゴールネットを揺らすことができなかった。

このほかJ2勢で上位を争う札幌、東京V、京都、仙台が敗退する波乱があった。

京都を1−0で破った明大と、仙台を延長の末に2−1で下した順大が4回戦に進んだ。
札幌は1−1の末のPK戦でTDKに敗れ、東京VはホンダFCに延長後半に失点し、0−1で惜敗。
Jリーグ準加盟のFC岐阜は徳島に屈した。


出展:下野新聞ニュース
posted by 栃木SCファン at 22:25| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

栃木SC来シーズンのJ2参入に向けJリーグに加盟申請

栃木SCは28日、来シーズンのJ2参入に向け、Jリーグに加盟を申請、受理された。
今後は事業計画の審査やヒアリングを経て、JFL年間順位4位以内の条件を満たせば年末のJリーグ理事会で審議され、加盟(昇格)が決まる。

入会申請は、事務手続きの流れの中で、今年二月の準加盟承認に続く節目。
チームは、あらためて昇格への決意を表明したことになる。
同日午後までに同じ準加盟のロッソ熊本、ガイナーレ鳥取も申請した。

栃木SCはこの日、フロントから山野井暉取締役ら2人が東京都内のJリーグ本部に出向いた。

現在、栃木SCの通算成績は9勝8分け9敗で勝ち点は35。
JFL順位は10位。
JFL年間順位4位以内の条件を満たすには厳しい状況。
今後の一戦、一戦が非常に重要となる。

出展:下野新聞
posted by 栃木SCファン at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木SCロスタイムに失点、佐川急便SCに敗れる!

JFL後期第8節の残り1試合、8月19日(日)に雷雨のため開催延期となっていた佐川急便SCと栃木SCの試合が佐川急便SCのホーム佐川急便守山陸上競技場で行われた。

前半は一進一退の攻防がしばらく続いたが、38分に照井篤が2回目の警告により退場し、試合は佐川急便SCのペースとなる。
栃木SCもなんとかこれをしのぎ、前半両チーム得点なく終了。
後半になると、栃木SCはより守備を重視し、佐川急便SCの攻撃を防ぐ。

佐川急便SCもときおりサイドから攻撃をしかけるが、なかなか得点チャンスをつくれない。
佐川急便SCは、前線のターゲットとして、75分に竹谷英之を投入し、ロビングをあげるがなかなか得点にはいたらなかった。

栃木SCの粘り強い守りで現在首位の佐川急便を90分間無得点に抑え、0−0のままロスタイムに突入。
このまま引き分けと思われた後半ロスタイムに、佐川急便SCが左サイドから旗手真也のクロスに、竹谷英之が頭であわせて、劇的な勝利をあげた。

栃木SCは、カウンターから何度かチャンスをつかんだが、決めきれず、あと一歩のところで勝ち点1を逃した。

栃木SCの通算成績は9勝8分け9敗で勝ち点は35のまま。順位は前節と同じ10位。
後期第10節は10月13、14日に行われ、栃木SCは14日午後1時から、秋田・仁賀保総合運動公園多目的広場でTDK SCと対戦する。


■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 64 +42
2 ロッソ熊本 54 +23
3 YKK AP 47 +12
4 FC岐阜 43 +8
5 アローズ北陸 43 +4
6 ジェフリザーブズ 42 +3
7 Honda FC 41 +12
8 横河武蔵野FC 38 +2
9 流通経済大学 38 +1
10 栃木SC 35 +5
11 三菱水島FC 34 -4
12 佐川印刷SC 33 -6
13 ソニー仙台FC 31 -14
14 TDK SC 30 +2
15 ガイナーレ鳥取 30 -6
16 FC刈谷 26 -15
17 FC琉球 20 -33
18 アルテ高崎 6 -36

出展:JFLニュース、下野新聞
posted by 栃木SCファン at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

天皇杯初戦突破!栃木SC滋賀代表に勝利!

「第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会」2回戦が23日、栃木県グリーンスタジアムで行われ、本県代表の栃木SC(JFL)は、滋賀県代表「FC Mi―OびわこKusatsu」(関西社会人リーグ1部)を2―1で破った。
3回戦は10月7日、福岡市の東平尾公園博多の森球技場で、J2のアビスパ福岡と対戦する。

栃木SCは、パスミスから同点に追い付かれながらも、好機を確実に生かし、試合を決めた。

4分に、FKからFW横山聡が頭を合わせて先制。
中盤で丁寧にボールを回してチャンスを作り、前半は相手の倍以上の7本のシュートを浴びせた。
しかし、34分にDF陣のパスミスから失点し、同点に追い付かれると、運動量も低下。
押され気味の時間が多くなった。

その流れを変えたのは59分に途中出場したMF深沢。
左サイドからの突破で攻撃のリズムを作り、FW横山聡の決勝ゴールをアシストした。
終盤は、相手に何度もゴール前に迫られたが、GK原の好守でしのいだ。

ケガで出場できなくなったFW小原の穴を埋めるように、天皇杯出場をかけた県予選に続きFW横山聡が2ゴールの大活躍で、チームを勝利に導いた。

「自分でも覚えていない」という程久しぶりだった先発出場。
「やる気が強く、何かやってくれる」(柱谷幸一監督)との期待に応えるかのように、試合開始早々、相手のマークのスキをつき、ヘディングシュートを決めた。
同点に追い付かれた62分には、左足でシュートを放ち、きっちり枠をとらえた。
試合後は満足そうな表情を浮かべ、「自分たちの力を出し切り、J2のチームに一泡吹かせたい」と、次戦での活躍を誓った。

出展:読売新聞

天皇杯決勝は、来年の1月1日に東京の国立競技場で行われる。
posted by 栃木SCファン at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

栃木SC敗れる!対HondaFCに0−3

JFL後期第9節は、2007年9月8日(土)9日(日)、各地で行われた。

栃木SC対Honda FCの試合は、Honda FCの勝利!
9日(日)13:00 栃木SCのホーム、栃木県陸上競技場へHonda FCを迎えて行われた試合は、前半21分、Honda FCの新田選手、36分、西選手、39分、糸数選手のゴールと続き0−3。
後半は、両チーム無得点に終わり0−3でHonda FCの勝利。

その他の試合結果。

9/8(土)
ソニー仙台FC対 三菱水島FC の試合は、後半2点を挙げたソニー仙台FCが2−0で勝利。

アルテ高崎対流通経済大学の試合は、1−3で流通経済大学の勝利。

ジェフリザーブズ対FC琉球の試合は、1−0でジェフリザーブズの勝利。

FC刈谷対FC岐阜の試合は、2−1でFC刈谷の勝利。

ロッソ熊本対YKK APの試合は、1−2でYKK APの勝利。

アローズ北陸対TDK SCの試合は、2−2の引き分け。


9/9(日)
栃木SC対Honda FCの試合は、0−3でHonda FCの勝利。

横河武蔵野FC対佐川急便SCの試合は、0−3で佐川急便SCの勝利。

佐川印刷SC対ガイナーレ鳥取の試合は、本日(9日)18:00より西京極グランドでキックオフ。

posted by 栃木SCファン at 15:59| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

栃木SC勝利!順位を9位へ上げる!

ミニ国体や雷雨の影響で中止となった試合があり、他チームより2試合少なかった栃木SCが2007年8月25日(土)17:00 3位のYKK APと栃木のホームグランド、グリーンスタジアムで対戦し2−0で勝利した。

前半は両チームともに決定期を作れずに、0−0で折り返した。
後半開始早々の53分、栃木SC小原昇が豪快なスライディングヘッドで先制ゴール。
続く58分にも小原昇がYKK APディフェンス陣の一瞬のミスを付き、ボールを奪いキーパーと1対1、キーパーをかわして着実にゴール、3千人超のスタンドをわかせた。

小原昇選手は、7月23日に期限付きで栃木SCへ新加入した選手。

小原 昇(コハラ ノボル) (24)
背番号 41
身長 176p 体重66s
出身 大阪府
サッカー歴 京都紫光クラブ → 京都パープルサンガJr.ユース →
京都パープルサンガユース → 京都サンガF.C.


栃木SC対YKK APの試合は、栃木テレビで生中継された。

■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 58 +38
2 ロッソ熊本 54 +24
3 YKK AP 44 +11
4 FC岐阜 43 +9
5 アローズ北陸 42 +4
6 Honda FC 38 +9
7 横河武蔵野FC 38 +5
8 ジェフリザーブズ 36 0
9 栃木SC 35 +9
10 三菱水島FC 34 -2
11 佐川印刷SC 33 -2
12 流通経済大学 32 -3
13 TDK SC 29 +2
14 ソニー仙台FC 28 -16
15 ガイナーレ鳥取 27 -6
16 FC刈谷 23 -16
17 FC琉球 20 -32
18 アルテ高崎 6 -34

栃木SCは暫定順位

出展:JFLニュース

posted by 栃木SCファン at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。