2007年08月23日

五輪最終予選を白星スタート。U−22日本対ベトナム1−0で日本勝利!

北京五輪2008 アジア最終予選 日本対ベトナムは、2007年8月22日(水)東京、国立競技場で行われ1−0で日本が勝利した。

序盤から圧倒的にベトナム陣内に攻め込む日本。
右サイドの水野、柏木を起点に数多くチャンスを作り出し、FW平山らが積極的にシュートを放っていくが、ベトナムの必死のディフェンスの前にゴールを奪えない。

一方のベトナムは自陣に引いて守り、カウンター攻撃を狙うが決定機はほとんど作れず。

しかし迎えた前半終了間際のロスタイム、CKから青山が豪快なヘディングシュートをたたき込み、日本が先制。
右CKから柏木がクロス。
ニアサイドに走りこんだ青山直がヘディングシュート! 
ボールは飛び出してきたGKの右横をすり抜けゴール。
日本が待望の先制点を挙げる。

そのまま前半を1−0とリードして終えた。

後半に入っても圧倒的に攻め込む日本。
ゴール前で平山らが何度も決定機を得たが、なかなか追加点を奪えない。
さらに家長、岡崎を投入し、打開を図るも実らず。
2点目を奪えないまま迎えた40分以降、運動量で上回るベトナムに猛攻を受ける場面もあったが、GK山本を中心に守り切り、1−0で勝利した。

日本は難しい初戦で、確実に勝ち点3を取った。


■試合後、柏木のコメント
スタメンは昨日の練習(の雰囲気)で少しずつ分かったので、しっかりといい準備ができました。
(ライバルを押しのけての出場だが)やってみて家長くんはやっぱりうまいなと思って、自分自身では(出場は)厳しいかなと思っていたんですけど。
プレースタイルが全然違うので、その中で僕が少しでも動いてリズム作れればと思って試合に臨みました。
(U−22世代との連係は)少ない時間ですけど、練習できたので問題なかったと思うし、もっともっと深めていきたい。(U−20世代として)元気、明るさを伝えて、もっと出していきたいです。

■試合後、水野のコメント
今日は内容というよりも結果にこだわって、勝ち点3を取るために初めから頑張ろうと、全員で気持ちを入れて戦いました。
(U−20世代との融合は)今日は柏木だけでしたけど、練習からU−20の選手が盛り上げて、いい雰囲気で練習できて、ここまで準備できたと思っています。
いい感じで混ざっていると思うので、これからはもっと成熟したチームに成長させていきたいです。
(アジアカップ、Jリーグ、五輪最終予選と)どの試合も真剣に戦って、100パーセントで戦えるように、結果にこだわっていきたい。

■試合後、青山直のコメント
得点シーンは、あそこ(のスペース)が空くのはミーティングから調べていたので。
いいボールが来たし、すごい良かったと思います。
チャンスはあったので、もっともっと決めれるように精度を上げたいです。
1点でも、点を取ったので、失点ゼロで抑えれば勝てると思って、集中して声を出してやりました。
決めるとこ決めて、しっかり守って、勝負にこだわって戦っていきたいと思います。

■試合後、反町監督のコメント
初戦ということで非常に重圧もありましたし、展開上かなりクローズなゲームでした。
オープンなゲームならもっとチャンスも作れたと思うんですが、非常に難しい試合でした。
崩すところまでは非常にいい形でできました。
ただ「決定力」という言い方は簡単なんですが、最後の部分のパワー、最後の部分の勢い、スピードを上げていかないと最終予選を勝ち抜くのは難しいかなと思います。
終盤は安易にセットプレーを与えたために押し込まれましたが、最後は頑張ったと思います。
(次は中東でのアウエーだが)ベストを尽くして、いい準備をして、アウエーで必ず勝ち点3を取れるように頑張りたいと思います。

出展:スポーツニュース
ラベル:U−22
posted by 栃木SCファン at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーU22代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

サッカー北京五輪予選マレーシアに快勝 U−22代表全勝で最終予選へ

22歳以下(U22)で争われるサッカー男子の北京五輪アジア2次予選B組の最終戦は2007年6月6日、東京・国立競技場で行われた。

4大会連続の五輪出場を目指す日本が3−1でマレーシアに快勝し、6戦全勝の勝ち点18とした。

既に同組1位で最終予選進出を決めている日本は、前半28分に五輪予選初出場の長友(明大)のヘディングシュートで先制し、同33分に鈴木(早大)が加点。

後半も万代(仙台)がPKを決め、相手の反撃を1点に抑えた。

マレーシアの敗戦で、シリアが2位で最終予選進出を確定した。

8月22日に始まる最終予選(ホームアンドアウェー方式)は12チームが3組に分かれ、各組1位のみが五輪出場権を得る。

組み合わせ抽選は13日に行われる。


■試合後の選手のコメント

★長友佑都(明治大)選手
(ゴールシーンについて)けがしてもいいと思って突っ込んだ。
日の丸を背負って緊張したが、ピッチ上でやることは同じなので。

スタメン発表されて、やってやるぞという気持ちになった。
点を取ってからは気持ちが乗ってきて、思い切ってプレーできるようになった。
思い切っていけるところはいけたと思う。

Jリーグの選手たちは判断が早い。
今後メンバーに残るためには、最後のクロスの精度、それから判断の早さを伸ばしたい。


★細貝萌(浦和)選手
ミスもあったし、入れ替わられるシーンもあった。
奪ったボールを大事につなごうとしたが、なかなかつなげなかった。
今日はみんなアピールしようとしていたと思う。
セットプレーで失点しちゃいけない。
2次予選の2失点ともマレーシア相手。
今回もやられて悔いが残る。
個人でマンツーでいかないといけないところをうまく外してしまった。

後半は流れがよくなかった。
(ディフェンスのマーキングについて)相手はディフェンスラインからのロングボールがあるので、イチ君(一柳)を残してマークを見るという指示があったが、マークを外したり入れ替わられるシーンもあった。

(ドリブルで前に上がったシーンは)前が空いたら、運んでいっていいと言われていたし、いつも通りのプレー。
(闘莉王みたいだったが?)闘莉王さんなら決めていましたよ(笑)。
ほかの選手もアピールしていたし、特に自分がどうこうというのはない。


★小椋祥平(水戸)選手
3バックだったが、(田中)裕介が上がるから、カバーリングを心掛けていた。
相手の攻撃の選手が残ったりしたときに、こっちの攻撃がシュートで終われないと、カウンターを食らうので、それに対して備えていた。
監督からはリスクマネジメントについて言われていた。


★萬代宏樹(仙台)選手
決定機を外したので、そこがまだまだ足りないところ。
試合に勝ったことより、これから何をやらなきゃいけないかが大事。
もっとポストプレーとか、ボールを引き出すタイミングとかをしっかりやっていかないといけない。
シュート練習も、量も質も必要。
今までやってきたつもりだけれども……。

(決定機で)トラップミスしたのが恥ずかしかった。
周りがパスをつないでくれて、FWの仕事はああいうところだから。
チーム(仙台)と同じことを要求されているので、プレーの内容を変えることはなかった。日本の期待を背負っているので、規模が違った。
日本代表の大きさを感じた。
土曜日のJ2は、スタメンで出させてくれと直訴します。

出展:スポーツニュース

ラベル:U−22
posted by 栃木SCファン at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーU22代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

U-22香港代表を4-0で下し日本がB組1位通過

サッカー・北京五輪アジア2次予選(16日、香港スタジアム)、B組のU-22日本代表は第5戦を行い、U-22香港代表を4-0で下し1位通過を決めた。
日本は2次予選5連勝とし、1試合を残してB組1位通過を決めた。
同じくB組のマレーシア―シリアは0―0で引き分け。
シリアとマレーシアはともにB組2位となる可能性が残った。
最終予選は8月に始まる。

日本は4―4―2の布陣、ツートップは平山、李忠成の先発で臨み、7分に李の左足ボレーで先制。
前半ロスタイムには本田圭の左クロスを平山が頭で合わせて、リードを広げた。
後半に入っても攻撃の手を緩めず、52分に本田圭がFK、60分には水野が決めて、今予選最多の4得点。
日本の2次予選最終戦は6月6日、U―22マレーシア代表とホームで対戦する。

最終予選は12チームが3組に分かれて各組1位だけが五輪出場権を獲得する。
組み合わせ抽選は6月13日に行われる予定。

試合がこう着状態となり、嫌な空気が漂い始めた矢先だった。
前半ロスタイム。
MF本田圭の左からのクロスをゴール前で待ち構えた平山が、地面スレスレに飛び込んだ。
ダイビングヘッド。

2次予選5点目となる貴重な追加点に、平山の口から
「本田も見ていてくれた。いいボールでした。」
と絶賛の言葉が飛び出した。

これで2次予選5試合で5得点。
出場機会に恵まれないJ1リーグとは対照的に、結果を出し続けているが、まだまだ満足はしない。
「ほかにもチャンスはあった。決めないといけない。」
と気を引き締め直した。

五輪本大会出場を目指す指揮官も辛口だった。
B組首位通過を決めた大量点の呼び水となった平山のゴールに、反町監督は
「2トップのクリエーティブなプレーを試したが、まだうまくできていない。」
と厳しい評価を与えた。

それでも、最終予選に向けて“好材料”もある。
平山は前半17分、ゴール前の混戦で手を使い、2次予選2枚目の警告をもらい、6月6日のホーム・マレーシア戦では出場停止を余儀なくされる。
だが、結果的に2次予選でもらった警告を消化し、8月の最終予選では“まっさらな状態”で臨めることになるからだ。

最終予選では対戦相手の実力がアップし、一層厳しい戦いが待ち受けている。
かつて怪物と呼ばれた平山がさらなる進化を遂げ、日本を北京へ導けるか、注目だ。

<日本代表メンバー>
GK:12 西川周作
DF:2 細貝萌、3 青山直晃、5 伊野波雅彦(cap)
MF:8 本田圭佑、10 梶山陽平、14 家長昭博、6 本田拓也、18 水野晃樹
FW:9 平山相太、17 李忠成

サブ:1 山本海人、6 青山敏弘、19 一柳夢吾、7 増田誓志、15 上田康太、13 菅沼実、11 カレン・ロバート

<得点>
李、平山、本田圭、水野

<試合後の選手のコメント>
■本田圭佑(名古屋)

「今年に入ってFKは初めて入った。
名古屋のみんなから『そろそろ決めろ』と言われていたので、それが代表だったから、帰ったら名古屋のチームメートに何か言われそう(笑)。
入った後にいつも思うけど、いいシュートを打てたときはいつもどおりに打てている。
今回のボール(試合球)は一番変化するということは、練習でやったときから思っていた。
芯をとらえたらすごい変化をする。
僕は当てることを意識して蹴るだけ。

あんなシュートになると思って蹴るんじゃなくて、強くミートすることを意識していた。
練習でもああいうシュートはあるけど、何十本に1本のシュート。
今後に期待してもらえればいい。」

■梶山陽平(FC東京)
「ハーフタイムに相太(平山)が監督から『もっとディフェンスに行け』と怒られて、後半はしっかりとできたと思う。
(最終予選に向けて)だんだん(パフォーマンスの好不調の)波がなくなってきている。
ゲームの質をもっと高めていきたい。
いい競争ができているので、まだまだレベルアップできると思う。
横パスなどのパスミスが多かったので、簡単なミスをなくしていきたい。
まだ甘い部分もある。

今日はタク(本田拓也)がトップ下を押さえてくれたので、後ろは任せていた。
守備のカバーをしてくれるのでやりやすい。
ハーフタイムには、後ろは1人余っているから、くさびのパスに対してファーストDFが強く行っていいと言われた。
あとはペナルティーエリアのサイドから起点を作って攻めていこうと。
そのあたりから点が取れたので、良かったと思う。
(先取点後に停滞したのは)プレスがうまく掛からなくて。
あと、思ったより暑かったから。

(家長と水野のポジションチェンジは監督の指示か?)ハーフタイムでは聞いていない。
その前からちょくちょく変わっていたので、自分たちの判断だと思う。」

■本田拓也(法政大)
「前半は、相手が中盤を固めてきていて、それでもサイドから攻めていいクロスが上がってすぐに点が取れたけど、その後が続かなかった。
相手が守ってきたときにどう攻めるかを考えていかないと。
後半はサイドに速いボールを入れて2対1の局面を作ることと、サイドを変えて揺さぶることをやった。
そうすれば相手も最後まではもたないから、崩れてきて途中からは真ん中も空いてきた。
(スタメンについては)この前風邪で欠場したので、やってやろうと思った。

(4バックについては)相手が1トップだったので、4バックでいこうと。
僕は16番(リョン・チョンポン)を見る感じで、4バックもそれなりにはできたと思う。
1点取った後は、早く取れたのでゆとりが出て、運動量が落ちて数的有利を作れなかった。
気候もじめじめして暑かったし。

(最終予選に向けて)4点取れたのはいいことだと思うが、まだカウンターの対応などで修正が必要。」

■李忠成(柏)
「(得点シーンは)カジ(梶山)からいいパスが来て、左足だったし、気持ち良かった。
こっちに来る前から結果、結果と言っていて、結果が出せてよかった。
フル出場もできたし。

前回の香港戦は前半で交代だったから悔しかった。
前と比べてみんなといい感じでサッカーができるようになってきた。
シリア戦は出られずに悔しかった。
結果を出すしかこのチームで生き残るすべがないと思っていた。
最後のチャンスだと思ってやった。」


出展:Yahooスポーツ、スポーツナビ、デイリースポーツ


U-22日本代表本田のスーパーFK/次節のマレーシア戦は新戦力のテスト?/U-22香港戦メンバー/U-22代表メンバー。/続投にも課題が

posted by 栃木SCファン at 00:25| Comment(1) | TrackBack(3) | サッカーU22代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

U−22日本代表、シリアに2−0で勝利し最終予選進出決定!

北京五輪アジア2次予選のU−22日本代表は、2007年4月18日アウェーのダマスカスでシリア戦に勝利した。
前半17分に、水野が左足からクロスバーの下へ一直線の弾丸ミドルシュート。

前半終了間際にコーナーキックから流れたボールを、本田がハーフボレーから鮮やかなシュートで2点目。

後半はアウェイのシリアペースで危ないシーンもあったが、守護神GK西川が好セーブ。

38分には、Jリーグ今期5試合で4ゴールを上げている柏の菅沼を投入した。

日本は前半の2点を守りきり、8月の最終予選進出が決定した。


五輪予選シリア戦とか、エスパルス/シリア戦/スポーツ三昧/ガンバレ日本、ふぁいと!(by子供/北京に向けて一歩前進〜対/戦 U-22シリア代表-U-22/反町ジャパン/たぶん今週も/サッカーU-22/ない!!ない!!/和製メッシ家長、展開次第でCF/サッカーU-22北京五輪アジア地区二/早いなぁ〜♪/激疲れ・・・2/【ファンサカ】第6節結果と/伝統のクラシコ/日本代表/世界の車窓から/U-22日本代表/U22の試合があるよー/どうなん、それって/ジェフの千葉の水野の晃樹/雨 (>_</今更ガンバ戦を振り返ってみる
ラベル:U−22
posted by 栃木SCファン at 23:02| Comment(0) | TrackBack(11) | サッカーU22代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

北京五輪予選 シリア戦のU22日本代表を発表

日本サッカー協会は10日、北京五輪アジア2次予選B組第4戦のシリア戦(18日、シリア)に臨む22歳以下(U22)日本代表19人を発表した。
Jリーグ1部で得点ランク2位タイの4得点を記録しているMF菅沼(柏)が初めて選ばれた。

菅沼は昨季はレンタル先のJ2愛媛で45試合11得点と急成長し、今年1月のカタール国際で「予備軍」的存在のU22日本選抜に入っていたが、代表には召集されていなかった。
リーグでの活躍が認められた菅沼は「驚きとうれしさでいっぱい。
まずは、試合に出るためにアピールしたい」と述べた。
このほか、右太ももを痛めたMF枝村(清水)とDF一柳(東京ヴ)が外れ、GK松井(磐田)とDF細貝(浦和)が復帰した。

チームは12日に出発する。
3連勝で首位に立つ日本は勝てば無条件でB組2位以内が確定し、最終予選進出が決まるとあって、14、15日のJリーグ戦には出場せずに、現地で5日間のトレーニングを行う。
反町監督は「時差や気候など環境に順応するため、早く現地入りして万全の準備をする。
アウェーのシリア戦は2次予選の天王山。
勝ち点3を取るために全力を尽くす」とコメントした。【安間徹】

 ◇U22日本代表◇
▽GK
山本 海人 (清 水)
松井 謙弥 (磐 田)
西川 周作 (大 分)
▽DF
伊野波雅彦(FC東京)
水本 裕貴 (千 葉)
細貝  萌 (浦 和)
青山 直晃 (清 水)
▽MF
本田 拓也 (法 大)
菅沼  実 ( 柏 )
増田 誓志 (鹿 島)
水野 晃樹 (千 葉)
梶山 陽平(FC東京)
青山 敏弘 (広 島)
上田 康太 (磐 田)
家長 昭博 (ガ大阪)
本田 圭佑 (名古屋)
▽FW
平山 相太(FC東京)
カレン・
  ロバート(磐 田)
李  忠成 ( 柏 )

出展:Yahooスポーツ

サッカー日本代表は24日、国際/すごい、期待してます。/選出/菅沼U22代表選出!ベストメンバー/菅沼を初招集!/祝?菅沼実U-22代表選出/U-22対シリア戦メンバー発表!/シリア戦に向けたU-22代表/ミノールがU-22代表入り/代表選出/「いままでにない!」桜/メンバー発表。/ミノルに伊予魂/U-22シリア戦メンバー発表/U-22シリア代表戦のU-22/Jリーガー=ワーキングプア/U-22
ラベル:U−22
posted by 栃木SCファン at 18:10| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカーU22代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

平山2ゴール、日本3連勝で首位。五輪予選シリア戦

22歳以下(U22)で争われるサッカー男子の北京五輪アジア2次予選B組の第3戦、日本−シリアは2007年3月28日、東京・国立競技場で行われ、4大会連続五輪出場を目指す日本が3−0で快勝し、3連勝の勝ち点9で首位に立った。

シリアは2勝1敗の勝ち点6で2位。

ともに勝ち点6で迎えた一戦は、日本が前半16分に家長(G大阪)のミドルシュートで先制。

24分には平山(F東京)が3試合連続となるゴールを頭で押し込み、後半26分には再び平山が決めて突き放した。

日本は4月18日の敵地ダマスカスでのシリア戦に勝てば、8月から始まる最終予選進出が決まる。


■平山相太、試合直後のコメント

狙ったところに行ったので、2点目の方がうれしかった。(ハットトリックの可能性もあったが)しっかりこれから練習していきたい。
前半2−0で折り返して、次の1点が大事だったので、早く取れてよかった。
どういう状況でもこういう試合ができればいいと思う。
次も勝ち点3を取れるよう頑張ります。


■家長昭博、試合直後のコメント

(先制ゴールは)本当に入ってよかった。
試合前から江尻さん(コーチ)にチャンスがあれば打てと言われてたので、普段は(右足なら)打たないが、打ってよかった。
(今までと違うポジションでも)相手のフォーメーションにはまるような感じで、違和感なくできた。
前半の早いうちに得点できて、余裕を持ってできたので良かった。
しっかり予選を勝ち抜いて、本大会で何かを得られればいいと思う。


■反町監督、試合直後のコメント

まだまだ精度の低さ、判断の遅さがあるのでこれから修正していきたい。
躍動感溢れるプレーは随所に見られたが、もっとできると思う。
今日はたくさんの方にスタジアムに足を運んでいただいて、感謝している。
もっと強い日本を見せられるよう、努力しなければならないことがある。
次のアウエーでのシリア戦に向けて、いい準備をして頑張りたい。

出展:Yahooスポーツ
ラベル:U−22
posted by 栃木SCファン at 20:24| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカーU22代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリア戦を前に U−22選手コメント

北京五輪アジア2次予選 シリア戦を前にしたU−22代表選手のコメント

■平山相太(FC東京)

「チームが勝つことだけを考えたい」

コンディションはいい。絶対に勝ちたい。シリアは強いので、思いっきりぶつかる。フィジカルは強く、ボール扱いもうまいが、日本の良さが出せれば勝てると思う。

(日本の良さとは?)パスが多く、人も動いて全員攻撃、全員守備のサッカー。チームが勝てるように貢献したい。

(3戦連続ゴールが懸かっているが)チームが勝つことだけを考えたい。一番に結果を求めたい。どんな形でも勝ち点3を取りたい。

■水野晃樹(ジェフ千葉)

「選手間でいいミーティングができた」

気持ちはめっちゃ入っています。選手間でもミーティングがあった。チームでのミーティングもあったけど、選手間でやったのも30分くらい。ポジションごとに分かれて意見を出して、方向性を確かめた。

音頭取りは、イノ(伊野波)じゃないかな。やってよかった。正解だった。方向性を確かめられて、いいミーティングだった。

シリアについては40分くらいビデオ見ながらミーティングした。戦術的な内容や要注意人物とかの確認。

オシムさんが(練習を)見に来ていて、引き締まると言えば引き締まる。A代表の監督だし。


U−22シリア代表タティーシュ監督のコメント

■平山対策を指示している

私たちには日本選手の情報があまりないが、平山選手に対しては対策を指示している。明日どういう形で彼を止めるかは今は言えない。

出展:Yahooスポーツ
ラベル:U−22
posted by 栃木SCファン at 02:07| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカーU22代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。