2007年12月02日

栃木SC選手27人、全員プロ/来季構想

続投が決まった栃木SCの柱谷幸一監督は21日、来季のチームづくりについて、トップチームの選手、コーチ陣のすべてを「プロ化」することを明らかにした。
フロントも同監督の方針を了承した。

柱谷監督は「全員が生活、人生を懸けて臨まなくてはならない。(来季、J2昇格を決めるには)そうした体制づくりが必要」などと述べた。

チームの規模については「フィールドプレーヤー24人程度にGK3人を合わせ、最終的には27人程度に絞る」とした。

プロアマ混合のトップチームは現在選手39人。
プロ契約は開幕当初、9人だったが、シーズン途中にFW上野優作、小原昇、MF米田兼一郎らを獲得、また一部のアマチュア選手ともプロ契約を結び、現在は21人に増えた。

来季の契約では、既に来春卒業の大学生5人と仮契約。
現在も数人の選手にオファーを出しているほか、月内には現チームから引き続き契約を結ぶ選手も決定する。
来月行われるJリーグのトライアウトなども参考にした上で、最終的な契約選手を固める意向だ。

また、クラブの組織づくりについても触れ、ユースチームとトップチームの積極的な交流を図った上で、ユースでも実力のある選手は「夏ごろにはトップチームに登録しデビューさせたい」と構想を述べた。

新チームの体制については来年1月14日にスタートミーティングを行い、記者会見するという。

出展:下野新聞ニュース
posted by 栃木SCファン at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70413868
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。