2007年11月14日

栃木SC快勝で8位浮上!

JFL後期第14節は11日、各地で7試合を行い、9位の栃木SCは千葉県旭市の県総合スポーツセンター東総運動場で8位のジェフリザーブズと対戦、FW横山聡の2ゴールの活躍で2−0と快勝した。

通算成績は12勝10分け9敗。
勝ち点を46に伸ばし、順位は8位に浮上。
負ければJ昇格が断たれる4位以内が消滅する中、土壇場で踏みとどまった。

栃木SCは前半42分、CKからのゴール前の混戦で横山聡が押し込み先制。
後半17分にはFW上野の左クロスを再び横山聡が豪快なオーバーヘッドで決め、突き放した。

後期第15節は18日に行われ、栃木SCは県グリーンスタジアムで午後1時から、佐川印刷SCと対戦する。

優勝に王手をかけている佐川急便SCは、アウェイ龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドで流通経済大学と対戦した。
優勝がかかった試合で特別な意識はないとする佐川SCだが、ペナルティキックを外すなど、なかなかリズムに乗れずに前半を終了する。
後半に入り、53分に流経大がペナルティキックを決めて先制。
佐川SCも76分、堀健人の得点で追いつくが、目の前で優勝シーンを見たくない流経大がここから踏ん張る。
85分に金久保順の得点で勝ち越すと、その後も2点を追加して佐川SCを破り、優勝決定を阻む金星を挙げた。

2位ロッソ熊本はFC琉球と対戦。
熊本は今節の結果次第でJリーグ昇格条件の一つであるJFL4位以内が決まる。
試合は、熊本は前半25分に西森正明の得点で先制すると、前半終了間際にも矢野大輔が決めてリードを拡げる。
後半に入っても攻撃の手を緩めない熊本は、2点を追加し琉球に快勝。
これでロッソ熊本のJFL3位以内が決定した。

次節、優勝に王手をかけている佐川急便SCは、ホーム佐川急便守山陸上競技場でHonda FCと対戦する。



■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 73 +45
2 ロッソ熊本 64 +28
3 YKK AP 55 +14
4 FC岐阜 54 +11
5 アローズ北陸 52 +10
6 Honda FC 51 +19
7 横河武蔵野FC 48 +5
8 栃木SC 46 +13
9 ジェフリザーブズ 45 0
10 流通経済大学 44 +4
11 佐川印刷SC 40 -6
12 ガイナーレ鳥取 39 -4
13 TDK SC 38 +2
14 ソニー仙台FC 37 -15
15 三菱水島FC 34 -14
16 FC刈谷 27 -21
17 FC琉球 23 -43
18 アルテ高崎 6 -48

出展:下野新聞ニュース、JFLニュース
posted by 栃木SCファン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4位以内確保!・・・Go!Gold!ロッソ!(11月11日版)
Excerpt:  11月もそろそろ中盤になり、今年もあと1ヵ月半になりました。  昨日は、高校サッカー選手権大会・熊本県予選が行われました。昨日の対戦カードは、ルーテル学院高校対熊本学園大学との試合でしたが、延長戦..
Weblog: M&S ファイル
Tracked: 2007-11-16 23:47
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。