2007年09月29日

栃木SCロスタイムに失点、佐川急便SCに敗れる!

JFL後期第8節の残り1試合、8月19日(日)に雷雨のため開催延期となっていた佐川急便SCと栃木SCの試合が佐川急便SCのホーム佐川急便守山陸上競技場で行われた。

前半は一進一退の攻防がしばらく続いたが、38分に照井篤が2回目の警告により退場し、試合は佐川急便SCのペースとなる。
栃木SCもなんとかこれをしのぎ、前半両チーム得点なく終了。
後半になると、栃木SCはより守備を重視し、佐川急便SCの攻撃を防ぐ。

佐川急便SCもときおりサイドから攻撃をしかけるが、なかなか得点チャンスをつくれない。
佐川急便SCは、前線のターゲットとして、75分に竹谷英之を投入し、ロビングをあげるがなかなか得点にはいたらなかった。

栃木SCの粘り強い守りで現在首位の佐川急便を90分間無得点に抑え、0−0のままロスタイムに突入。
このまま引き分けと思われた後半ロスタイムに、佐川急便SCが左サイドから旗手真也のクロスに、竹谷英之が頭であわせて、劇的な勝利をあげた。

栃木SCは、カウンターから何度かチャンスをつかんだが、決めきれず、あと一歩のところで勝ち点1を逃した。

栃木SCの通算成績は9勝8分け9敗で勝ち点は35のまま。順位は前節と同じ10位。
後期第10節は10月13、14日に行われ、栃木SCは14日午後1時から、秋田・仁賀保総合運動公園多目的広場でTDK SCと対戦する。


■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 64 +42
2 ロッソ熊本 54 +23
3 YKK AP 47 +12
4 FC岐阜 43 +8
5 アローズ北陸 43 +4
6 ジェフリザーブズ 42 +3
7 Honda FC 41 +12
8 横河武蔵野FC 38 +2
9 流通経済大学 38 +1
10 栃木SC 35 +5
11 三菱水島FC 34 -4
12 佐川印刷SC 33 -6
13 ソニー仙台FC 31 -14
14 TDK SC 30 +2
15 ガイナーレ鳥取 30 -6
16 FC刈谷 26 -15
17 FC琉球 20 -33
18 アルテ高崎 6 -36

出展:JFLニュース、下野新聞
posted by 栃木SCファン at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57846634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。