2007年09月24日

天皇杯初戦突破!栃木SC滋賀代表に勝利!

「第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会」2回戦が23日、栃木県グリーンスタジアムで行われ、本県代表の栃木SC(JFL)は、滋賀県代表「FC Mi―OびわこKusatsu」(関西社会人リーグ1部)を2―1で破った。
3回戦は10月7日、福岡市の東平尾公園博多の森球技場で、J2のアビスパ福岡と対戦する。

栃木SCは、パスミスから同点に追い付かれながらも、好機を確実に生かし、試合を決めた。

4分に、FKからFW横山聡が頭を合わせて先制。
中盤で丁寧にボールを回してチャンスを作り、前半は相手の倍以上の7本のシュートを浴びせた。
しかし、34分にDF陣のパスミスから失点し、同点に追い付かれると、運動量も低下。
押され気味の時間が多くなった。

その流れを変えたのは59分に途中出場したMF深沢。
左サイドからの突破で攻撃のリズムを作り、FW横山聡の決勝ゴールをアシストした。
終盤は、相手に何度もゴール前に迫られたが、GK原の好守でしのいだ。

ケガで出場できなくなったFW小原の穴を埋めるように、天皇杯出場をかけた県予選に続きFW横山聡が2ゴールの大活躍で、チームを勝利に導いた。

「自分でも覚えていない」という程久しぶりだった先発出場。
「やる気が強く、何かやってくれる」(柱谷幸一監督)との期待に応えるかのように、試合開始早々、相手のマークのスキをつき、ヘディングシュートを決めた。
同点に追い付かれた62分には、左足でシュートを放ち、きっちり枠をとらえた。
試合後は満足そうな表情を浮かべ、「自分たちの力を出し切り、J2のチームに一泡吹かせたい」と、次戦での活躍を誓った。

出展:読売新聞

天皇杯決勝は、来年の1月1日に東京の国立競技場で行われる。
posted by 栃木SCファン at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。