2007年08月23日

日本対カメルーン2−0日本勝利!キリンチャレンジカップ2007

2007年8月22日(水)大分、九州石油ドームでキリンチャレンジカップ2007、日本対カメルーン戦が行われた。

カメルーンはスタジアムに入るのが遅れてピッチでアップできなかった影響か、立ち上がりは動きの悪さが目立つ。
一方、日本は両サイドのスペースをうまく使いながらワイドに攻撃を仕掛け、オシム体勢初招集初出場の大久保や、復帰の田中達がチャンスを築いていく。

そして前半25分、セットプレーから闘莉王が得点を挙げ、日本が先制。
ペナルティーエリアすぐ外、左サイドからのFK。
遠藤が高いボールを入れると、ニアで闘莉王がバックヘッドで合わせ、ボールはGKの頭上を抜いてゴールに突き刺さる。
日本が先制!

カメルーンも徐々に反撃を仕掛け、右サイドのドゥアラを中心に日本ゴールへ迫ったが、日本守備陣は数的優位を作って決定機を作らせず。

1−0で日本がリードしたまま前半を終えた。

後半FWイドリスを投入したカメルーンは、エトーが中盤に下がってゲームメーク。
攻撃に勢いが増し、日本ゴールを徐々に脅かしていく。
日本は阿部を最終ラインに下げて3バックで対応。
さらに選手交代で状況の打開を図ったが、中盤でボールをキープできなくなり、前線にボールを運べず苦しい展開。

残り15分過ぎからは一方的に攻められ続けたが、中澤や闘莉王を中心とした守備陣の奮闘で、なんとか守り切る。

すると試合終了間際の44分、CKからのこぼれ球を拾った山瀬が豪快なミドルシュートを決め、2−0で勝利を収めた。
中村憲が右CKから低いボールを入れ、クリアされるが、山瀬がペナルティーエリア外からミドルシュート! 
ゴール右上に突き刺さる。
日本、追加点で2−0勝利。


■試合後、オシム監督のコメント
観客の皆さんにとっても、選手にとっても、いい経験になったと思う。
強い相手に勝ってよかった。
実力を測ることができた。
前半の方にはっきりと日本の力が表れていたと思う。
後半になって選手が疲れたこと、交代によってバランスが崩れたこと、そして追いつきたいカメルーンが前にプレッシャーをかけてきてミスが出て、相手のボールになってピンチを招いた。
そういう流れだった。

■試合後、闘莉王のコメント
(得点シーンは)相手がでかいのでニアで合わせるしかないと思っていた。
いいボールだったので触るだけ。
何とかチームの力になりたかった。
カメルーンは人間とは思えない身体能力。
なかなか抑えるのが難しい。
(中澤とのコンビは)そんなにチャンスも作らせなかったので、久々にコンビ組んだが、なんとか声を出しながらうまくできた。

出展:スポーツニュース
タグ:日本代表
posted by 栃木SCファン at 01:13| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー日本代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 日本代表戦、カメルーン代表に勝利しましたね。闘莉王選手は、久しぶりの出場で、ゴール。闘莉王選手と中澤選手とのコンビに今後、期待しましょう!

 そして、こちらのホームページをリンクに追加いたしました。共に、Jリーグ入りを目指すチーム。共に、頑張っていきましょう!佐川急便SC戦、栃木SCに頑張っていただきましょう!(後半は関係ありませんが・・・)
Posted by C(スィー)・ファイヤー at 2007年08月23日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52377431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

8月後半のテーマ3・・・<曲名、又は、歌手名が「ら」で終わる曲>
Excerpt:  8月もそろそろ終盤。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?  まずは、テーマ別選曲のほうから。今回は、8月の6連続のテーマ別選曲のラストになります。今回、ラストは、「り」を飛ばして、「ら」です。「り」..
Weblog: M&S ファイル
Tracked: 2007-08-23 20:48
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。