2007年05月07日

ロッソ熊本、栃木SCを破り2位浮上!

ゴールデンウィークの最終日に行われた8試合、栃木SCとロッソ熊本の試合は栃木のホーム足利市陸上競技場で行われた。
J準加盟チーム同士の対戦、前回のホームで岐阜に敗れている栃木はホームでの連敗は阻止したいところ。

試合は、前半両チーム得点終了すると後半開始早々、熊本は高橋のゴールで先制すると熊本がゲームを支配、栃木は反撃のチャンスを作ることができずに試合は進み、終了間際にも小林のゴールで駄目を押した熊本が栃木に快勝。
順位を2位に上げる。

横河武蔵野FCとFC岐阜の試合は、開始早々岐阜は横河ディフェンスに競り勝ったジョルジーニョのゴールで先制。
早い時間の得点に試合は淡々と進み、後半65分、横河は村山が決めて追いつく。
リズムができた横河は、その後も試合の主導権を握りチャンスを作るが結局試合はそのまま終了し引き分けに終わる。

ソニー仙台FCと佐川急便SCの試合は、佐川急便が前半1点をリードして終了。
ここのところ調子の出ないソニーは、後半56分、石原の得点で追いつくが、佐川急便は79分、御給の得点で突き放すと終了間際にも竹谷のゴールで試合を決める。
敗れたもののソニーも粘り強い戦いを見せ次節の試合に期待が持てる。

その他の試合は、アローズ北陸とYKK APの試合は、後半に得点が動く。
アローズは石田の得点などで2点を挙げるとYKKの反撃を1点に抑え富山ダービーを制する。

アルテ高崎とHonda FCの試合は、後半に決勝点を挙げたHondaが久しぶりの勝利で勝点3を獲得。

FC刈谷と流通経済大学の試合は、後半逆転でFC刈谷が勝利を収め3勝目を挙げる。

ガイナーレ鳥取とTDK SCの試合は、開始早々TDKが先制。 鳥取も前半追いつくが、後半両チーム得点を挙げることができずに引き分けに終わる。

FC琉球と佐川印刷SCの試合は、後半決勝点を挙げた佐川印刷が前節に続き連勝。

JFL前期第10節のジェフリザーブズと三菱水島FCの試合は、5月9日(水)に行われる。


順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 25 +18
2 ロッソ熊本 24 +13
3 FC岐阜 23 +9
4 YKK AP 20 +9
5 栃木SC 20 +9
6 アローズ北陸 19 +3
7 横河武蔵野FC 18 +8
8 Honda FC 15 +3
9 ジェフリザーブズ 11 0
10 TDK SC 11 -5
11 三菱水島FC 10 -3
12 流通経済大学 10 -4
13 佐川印刷SC 10 -8
14 FC刈谷 9 -5
15 ガイナーレ鳥取 8 -6
16 FC琉球 8 -6
17 アルテ高崎 4 -12
18 ソニー仙台FC 4 -17


出展:JFLニュース



posted by 栃木SCファン at 01:00| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

やったぜ!4連勝!  Go!Gold!ロッソ!・・・5月6日版
Excerpt:  本日は、JFL第10節、ロッソ熊本対栃木SCとの試合がありました。この試合、俺としては、重要な試合の1つとして、絶対に負けてほしくないというチームでした。  栃木SCは、ロッソ熊本と同じく、Jリー..
Weblog: ミュージックファイル
Tracked: 2007-05-07 19:12
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。