2007年05月03日

FC岐阜、今季初黒星!栃木SC4位に浮上!

横河武蔵野FCと栃木SCの試合は、前後半に1点ずつ挙げた栃木が勝利し4位浮上。

栃木SCはアウェーの武蔵野で横河武蔵野FCと対戦し、前半15分に北出勉選手、後半48分に横山聡選手がゴール、前節の5位から一つ順位を上げ、JFL4位に浮上した。

J準加盟チームで首位を走るFC岐阜は、前節まで最下位の佐川印刷SCと岐阜メモリアルセンター長良川球技メドウにて対戦した。
試合は28分に岐阜が和多田充寿の得点で先制するが、44分に退場者が出て前半終了。
後半に入ってすぐの49分、岐阜に2人目の退場者が出ると、それで得たペナルティキックを濱岡和久が決めて佐川印刷が同点とする。
その後は佐川印刷が試合を支配し、多くの決定的なシーンを迎えるがなかなか得点できない。試合が動いたのは84分、左サイドからの濱岡のフリーキックを山本健二がヘディングで決めて勝ち越し。
さらに終了間際の89分、大槻紘士がだめ押しの得点を決めて、佐川印刷が3−1で勝利した。
FC岐阜は今季初黒星で2位に後退。佐川印刷は15位に浮上した。

前節まで2位の佐川急便SCとアルテ高崎の試合は、前半33分に高崎が岩間雄大の得点で先制。
後半に入り、落雷注意報により67分より45分間の中断。
再開後の79分、佐川SC 山根伸泉がヘディングで決めて同点。
終了間際の89分には嶋田正吾のコーナーキックを竹谷英之がヘディングで決めて逆転。
佐川SCが劇的な勝利で、岐阜に勝点で並び、得失点差で首位に浮上した。

ロッソ熊本はアローズ北陸と対戦。
試合は熊本が支配。
得点チャンスを何度か掴むが、前半は無得点で終了。
後半に入りアローズに退場者が出ると、69分に小森田友明が決めて先制。
89分には高橋泰が決め、熊本が2−0で勝利。
熊本は3連勝で首位に勝点1差の3位に浮上した。

YKK APとソニー仙台FCの試合は、YKK APが石黒智久のハットトリックなどで6点を挙げて6−1で大勝して5位浮上。

これで上位5チームが勝点2差にひしめく大混戦となった。

その他の試合は、流通経済大学とFC琉球の試合は、1−0で流経大が勝利。

Honda FC とガイナーレ鳥取の試合は、1−1のドロー。

三菱水島FCとFC刈谷の試合は、三菱FCが3−1で勝利。

TDK SCとジェフリザーブズの試合は、TDKが逆転で2−1の勝利。



順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 22 +16
2 FC岐阜 22 +9
3 ロッソ熊本 21 +11
4 栃木SC 20 +11
5 YKK AP 20 +10
6 横河武蔵野FC 17 +8
7 アローズ北陸 16 +2
8 Honda FC 12 +2
9 ジェフリザーブズ 11 0
10 三菱水島FC 10 -3
11 流通経済大学 10 -3
12 TDK SC 10 -5
13 FC琉球 8 -11
14 ガイナーレ鳥取 7 -6
15 佐川印刷SC 7 -9
16 FC刈谷 6 -6
17 アルテ高崎 4 -11
18 ソニー仙台FC 4 -15


出展:JFLニュース


元Jリーガーから…/連休終了!!/岐阜の試合/Go!Gold!ロッソ!・・・5/よっしゃ〜ぁ!/JFL第9節FC岐阜対佐川/東京遠征/なぜか、/セレッソ戦へ向けて/ジュビサポさんへの100の質問・/スタジアムで観戦か・応援か。/第13節C大阪戦プレビュー/レンタル移籍中の選手達の状況/ガラリと…/木村拓哉インフォメーション:キムタクがアジア本格/木村拓哉の話題なら・・・美脚/やっぱり足利は遠かった。/山雅の優勝を、俺たちは/その4)・JFL・栃木SC/鳥栖×東京Vを観戦する。/副業・SOHO・アクセスアップ!!/YSCCに物申す。
posted by 栃木SCファン at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。