2007年04月30日

FC岐阜、栃木SCを破りJ準加盟対決を制する!

足利市陸上競技場では栃木SCとFC岐阜のJリーグ準加盟チームが対戦した。
ゴールデンウィークに入り多くのサポーターが観戦に訪れたこの試合、前半は両チームチャンスを作るが得点なく終了。
一進一退の攻防が続く後半75分、岐阜はフリーキックから深津が決める。

ホームの栃木も反撃するがゴールは遠くタイムアップ。
岐阜がJ準加盟対決を制する。

ガイナーレ鳥取と佐川急便SC戦は、前半ゲームを支配した佐川急便が鳥取ゴールに迫りチャンスを作る。
先制点は前半40分、鳥取のミスをついた佐川急便、山根が決める。
後半立ち上がりにも佐川急便は、御給が決めて追加点を挙げると鳥取も反撃に出るが、佐川急便は67分にも山根のこの日2点目となるゴールが決めると試合はそのまま終了。
鳥取はホームでの連勝はならず。

ソニー仙台FCとロッソ熊本戦は、ソニーのホームユアテックスタジアムで行われた。
熊本は、前半26分に矢野のゴールで先制すると33分にもペナルティーキックで追加点を挙げる。
2点のリードでゲームの主導権を握る熊本は、40分にも追加点を決めて前半終了。
後半ソニーも反撃、67分に1点を返すと試合のリズムはソニーに傾くが、熊本は粘り強く守り切りゲームをものにする。

他の試合は、アローズ北陸と横河武蔵野FC戦は、アローズが後半にペナルティーキックで挙げてと得点を守り切り横河を破る。
敗れた横河は今季初の敗戦。

アルテ高崎とYKK AP戦、雷雨で中断した試合は、後半にYKK黄の決めたゴールを守り切り高崎に競り勝つ。

ジェフリザーブズとHonda FC戦は、立ち上がり早々Hondaは鈴木のゴールで先制するが、ジェフは前半2点を挙げて逆転。
後半Hondaは、鈴木のゴールで追いつくが、試合はそのまま引き分けに終わる。

佐川印刷SCと流通経済大学戦は、流経大が前半、徐のゴールで2点をリードすると後半にも追加点を挙げて流経大が佐川印刷に快勝。

FC琉球と三菱水島FC戦は、前半立ち上がりから得点を取り合うが、後半開始間際に琉球はペナルティーキックを決めて三菱水島を突き放しそのまま逃げ切りホームで勝利を挙げる。

出展:日本フットボールリーグ
posted by 栃木SCファン at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40439810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。