2007年07月26日

アジアカップ日本代表サウジアラビアに敗れる!

AFCアジアカップ2007第14日は2007年7月25日、ハノイなどで準決勝2試合を行い、日本はサウジアラビアに2―3で競り負け、3連覇と史上最多となる4度目の優勝を逃した。
28日の3位決定戦で韓国と対戦する。
サウジは2大会ぶり6度目の決勝進出。

日本はサウジに先行される苦しい展開。
セットプレーから前半37分にDF中沢(横浜)、後半8分にはDF阿部(浦和)が決めて2度、同点に追いついたが、同12分にマレクに勝ち越し点を奪われ、終盤の猛攻も実らなかった。

日本は立ち上がりからボールを保持してペースを握ったが、前半にシュートが少なかったのも響いた。

日本のアジア杯での敗戦は、1996年大会準々決勝のクウェート戦以来。

準決勝のもう1試合は韓国と対戦したイラクが延長を終えて0―0からのPK戦を4―3で制し、初めて決勝に進んだ。

29日の決勝はイラク―サウジの中東勢の顔合わせとなった。

ラベル:日本代表
posted by 栃木SCファン at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。