2007年07月16日

アジアカップ、ベトナムに4−1で快勝!日本、B組首位通過!

東南アジア4カ国で共催されているサッカーのアジア・カップで日本は2007年7月16日、ハノイでの1次リーグB組最終戦でベトナムに4―1で圧勝、同組1位となり5大会連続の8強進出を決めた。

日本は前半、先制点を許したが巻誠一郎(千葉)の得点で追いつき、遠藤保仁(G大阪)が逆転ゴール。後半は再び巻が得点するなど2点を追加した。

日本は準々決勝では21日にハノイでA組2位のチームと対戦する。

前半は、試合開始早々にセットプレーからオウンゴールで失点を許し、いきなりゲームプランを崩された感のある日本だったが、その5分後に巻のゴールですぐさま同点に追いつく。
引いて守ってから一気のカウンターを狙うベトナムに対し、ボールを支配してペースを握り続ける日本。

31分には遠藤が得意のFKを決めて逆転。
その後はゆっくりとパスを回しながら攻め手をうかがっていたが、時折自陣でボールを奪われるミスも目立った。

後半は、前半と変わらず自陣に引いてゾーンで守るベトナムに対し、日本は正確にパスを回し続けピッチを支配すると、ダイレクトプレーでリズムを変えて深い位置まで切り込みチャンスメーク。
巧みなパス交換から中村俊が3点目を奪うと、FKから巻が4点目を決めて試合を決定付けた。

その後は選手交代などで試合を流し、日本が4−1で快勝。
見事1位でグループリーグを突破し、準々決勝進出を決めた。
またB組のもう1試合ではUAEがカタールに2−1で勝利したため、ベトナムが2位通過となった。


■試合後の選手のコメント

★巻誠一郎選手
ベトナムはすごい走るチームだったので大変だった。
得点はボールがよかったので。
自分たちの不注意で先制点を許したので、早く追いつけたことはよかった。
まずは相手のいいところを消すことを考えて、その中でいいゴールが生まれた。
まだまだ修正する部分は多いが、勝利に貢献できるゴールを決められてよかった。
次から一発勝負なので、一戦一戦集中して戦っていきたい。

★中村俊輔選手
最初に点を取られたのはまずかったが、早めに立て直せたことがよかった。
「ボールを走らせても疲れない」とよく監督が言うが、それプラス、タイミングよく走り出すことを心掛けていた。
だんだん形もできてきた。
あとはスピードを上げるタイミングや、早い段階で点を取られないことなどを改善したい。

★川口能活選手
先行されたが、その後立て直して、なんとか勝つことができた。
攻撃的にボールを支配し、いいパスワークができた。
非常にいい試合ができたと思う。
暑い条件の中で選手たちが考えて、スピードアップするところ、スローダウンするところの使い分け、メリハリがつけられるようになってきた。
それが次からも発揮できればいい。
グループリーグは攻撃陣が頑張って得点を重ねることができた。
決勝トーナメントは1点勝負。守備陣が踏ん張って得点を与えずに、効率よく勝てるようにしたい。
まずは次の決勝トーナメント1回戦に集中したい。


■試合後のオシム監督のコメント
とにかく試合に勝って、終わることができてほっとしている。
だれも負傷者が出なかったこともよかった。
最初に失点したが、早い時間帯で追いつけたことが一番よかった。
こういう大会では簡単な試合はないし、気候条件でホームチーム相手なので大変だった。
選手をあまり代えずに使ってきたから、疲労も蓄積されているので心配している。
私はめったに褒めることはしないが、完全ではないが、かなりよい得点だった。
1つは流れから、もう1つはFKから。
疲れているのでもう少し相手を引き出してもよかったが、疲れているとなかなかいいアイデアが出ないものだ。
決勝トーナメントについてはまだ組み合わせが決まっていないので、分かった時点で対策を考える。

出展:スポーツニュース
タグ:日本代表
posted by 栃木SCファン at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー日本代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首位、佐川急便SC。栃木SC10位。TDK SC8得点!

JFL後期第3節は、7月14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)の3日間に渡り行われた。
台風4号の影響で15日行われる予定の2試合が16日に順延されたが無事全9試合が行われた。

アローズ北陸と栃木SCの試合は、後半立ち上がり栃木は、退場者を出し一人少なくなる。
アローズは51分コーナーキックから石田の得点で先制するとそのまま逃げ切り栃木を破る。
1−0でアローズ北陸の勝利。
敗れた栃木は前期第10節以降勝ち星から遠ざかる。

流通経済大学とFC岐阜の試合は、流経大は前半22分に武藤のゴールで先制すると後半、72分にも武藤のゴールでリードを広げる。
岐阜も反撃するが、終了間際に岩田の得点で詰め寄るが試合はそのまま終了。
流経大はルーキー武藤の活躍でJ準加盟の岐阜を破る。
2−1で流経大の勝利。
敗れた岐阜は後期に入り1分2敗と3位ながら上位チームとの差が広がる。

ジェフリザーブズと佐川急便SCの試合は、佐川急便は前半嶋田の得点で先制すると後半に佐川急便は、御給の連続ゴールでジェフを突き放すと、その後もジェフゴールに迫ると嶋田がハットトリックとなる2点を追加しジェフに快勝。
0−5で佐川急便SCの勝利。
佐川急便は後期3連勝で首位を守る。

アルテ高崎とロッソ熊本の試合は、前半は両チーム得点なく終了。
後半熊本は立ち上がり熊谷のパスを高橋が決めて先制。
84分にも高橋が追加点を奪うと、高崎は終了間際にペナルティーキックで1点を返すが、そのまま試合は終了し、熊本は後期に入り3連勝。
1−2でロッソ熊本の勝利。

ガイナーレ鳥取とYKK APの試合は、鳥取が立ち上がりの2分5分と立て続けに得点を奪うと、YKKは前半1点を返すが、後半鳥取が追加点を挙げYKK APを破る。
鳥取はJFL昇格後YKK APから初めて勝利を挙げる。
3−1でガイナーレ鳥取の勝利。

ソニー仙台FCと横河武蔵野FCの試合は、同点で迎えた後半ソニーが勝ち越しゴールを奪うものの武蔵野は、77分に大多和のこの日2点目となるゴールを決めると、終了間際に村山が決めて逆転勝ち。
2−3で横河武蔵野FCの勝利。

FC刈谷とHonda FCの試合は、後期に入り連勝と本来のチーム状態に少し近づいたHondaは、立ち上がり鈴木の得点で先制すると、後半刈谷に1点差に迫られるものの、その後堀切の得点でリードを広げると刈谷を破り3連勝。
1−3でHondaの勝利。

佐川印刷とSCと三菱水島FCの試合は、後半三菱水島が一度は同点に追いつくが、佐川印刷は51分、高橋の得点で勝ち越し三菱水島を破る。
2−1で佐川印刷の勝利。

FC琉球とTDK SCの試合は、TDKが前半だけで6点を奪い試合を決めると、TDKは後半にも2点を追加し琉球に大勝。
0−8でTDK SCの勝利。

後期第4節は、7月21日(土)、22日(日)に行われる。


■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 48 +30
2 ロッソ熊本 46 +23
3 FC岐阜 37 +10
4 YKK AP 35 +9
5 横河武蔵野FC 34 +10
6 アローズ北陸 34 +2
7 ジェフリザーブズ 32 +2
8 Honda FC 30 +7
9 流通経済大学 27 -1
10 栃木SC 26 +5
11 三菱水島FC 25 -6
12 ガイナーレ鳥取 24 -3
13 TDK SC 23 +1
14 佐川印刷SC 23 -10
15 ソニー仙台FC 21 -14
16 FC刈谷 17 -11
17 FC琉球 16 -29
18 アルテ高崎 5 -25


出展:JFLニュース

posted by 栃木SCファン at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。