2007年05月20日

FC岐阜、ロッソ熊本に競り勝ちJFL2位へ浮上!

JFL前期第13節は、2007年5月19日(土)、2007年5月20日(日)に行われた。

昨日(2007年5月19日)行われた栃木SCと佐川急便SCの試合は、首位を走る佐川急便が栃木に対し堅い守りで得点を許すことなく勝点3を加えた。
前半22分、佐川急便は中村のクロスを御給が決めて先制すると栃木も佐川ゴールに迫りシュートを放つが、得点にいたることなく前半佐川急便のリードで終了。
後半は、栃木の反撃に対し最後まで守りの集中が切れない佐川急便が逃げ切り首位の座を守る。

本日(2007年5月20日)のJリーグ準加盟チームの対戦、ここまで2位のロッソ熊本とFC岐阜の試合は熊本のホーム大津町運動公園球技場で行われた。
三千名を超えるロッソサポーターが見守る中、立ち上がりそんな気持ちを前面に出し、ロッソが主導権を握りゴール前でチャンスを作る。
岐阜も時折反撃に出るが前半両チーム得点なく終了。

後半に入り岐阜がチャンスを作る。
立ち上がりの後半49分、コーナーキックからジョルジーニョが頭で決める。
先制された熊本も反撃、決定的を作るがチャンスをものにできない。
その後も両チーム相手ゴールに迫るが試合はそのまま終了。
岐阜が熊本に競り勝ち順位を2位に上げる。

他の試合は、横河武蔵野FCとYKK APの試合は、前半横河は野木のゴールで先制すると後半にも追加点を挙げた横河が勝利を収め、順位を4位に挙げる。

アローズ北陸とHonda FC戦は、前半アローズが永富のゴールで先制するが、前半同点に追いついたHondaが、後半相手のミスをついた桶田が決めて逆転で勝利を収める。

FC刈谷とFC琉球戦は、琉球が後半52分までに2点をリードするが、粘りを見せる刈谷は、平林の得点などで2点を返し追いつき引き分けに終わる。

ソニー仙台FCとTDK SC戦は初の東北ダービーは、ソニーのホーム七ヶ浜で行われた。
前半先制されたソニーは、平間の得点で前半同点に追いつくが、後半に入りTDKは富樫の得点で突き放すと終了間際にも駄目押しのゴールを決めてソニーを破る。

アルテ高崎と三菱水島FC戦は、三菱水島が着実に得点を重ね3点をリードすると高崎は1点を返されるもののリードを守り4勝目を挙げる。

ジェフリザーブズと佐川印刷SC戦は、同点で迎えた後半73分、ジェフは渡邉のゴールで勝ち越しホームで連勝。

ガイナーレ鳥取と流通経済大学戦は、後半決勝点を挙げた鳥取が勝ち3勝目を挙げる。


■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 31 +23
2 FC岐阜 29 +11
3 ロッソ熊本 27 +13
4 横河武蔵野FC 21 +9
5 栃木SC 21 +8
6 YKK AP 21 +7
7 Honda FC 19 +4
8 アローズ北陸 19 -2
9 ジェフリザーブズ 17 +1
10 TDK SC 17 -1
11 ガイナーレ鳥取 14 -3
12 FC刈谷 13 -4
13 三菱水島FC 13 -4
14 流通経済大学 13 -4
15 佐川印刷SC 10 -10
16 FC琉球 9 -13
17 ソニー仙台FC 5 -19
18 アルテ高崎 4 -16


絶望感…。/アローズ北陸/'JFL'本日の結果/J.LEAGUE DIVISION2第16節/DIVISION1.../第12節 栃木SC-佐川急便SC 後半.../前半戦の山場だ!/佐川急便戦1

出展:JFLニュース
posted by 栃木SCファン at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。