2007年03月28日

平山2ゴール、日本3連勝で首位。五輪予選シリア戦

22歳以下(U22)で争われるサッカー男子の北京五輪アジア2次予選B組の第3戦、日本−シリアは2007年3月28日、東京・国立競技場で行われ、4大会連続五輪出場を目指す日本が3−0で快勝し、3連勝の勝ち点9で首位に立った。

シリアは2勝1敗の勝ち点6で2位。

ともに勝ち点6で迎えた一戦は、日本が前半16分に家長(G大阪)のミドルシュートで先制。

24分には平山(F東京)が3試合連続となるゴールを頭で押し込み、後半26分には再び平山が決めて突き放した。

日本は4月18日の敵地ダマスカスでのシリア戦に勝てば、8月から始まる最終予選進出が決まる。


■平山相太、試合直後のコメント

狙ったところに行ったので、2点目の方がうれしかった。(ハットトリックの可能性もあったが)しっかりこれから練習していきたい。
前半2−0で折り返して、次の1点が大事だったので、早く取れてよかった。
どういう状況でもこういう試合ができればいいと思う。
次も勝ち点3を取れるよう頑張ります。


■家長昭博、試合直後のコメント

(先制ゴールは)本当に入ってよかった。
試合前から江尻さん(コーチ)にチャンスがあれば打てと言われてたので、普段は(右足なら)打たないが、打ってよかった。
(今までと違うポジションでも)相手のフォーメーションにはまるような感じで、違和感なくできた。
前半の早いうちに得点できて、余裕を持ってできたので良かった。
しっかり予選を勝ち抜いて、本大会で何かを得られればいいと思う。


■反町監督、試合直後のコメント

まだまだ精度の低さ、判断の遅さがあるのでこれから修正していきたい。
躍動感溢れるプレーは随所に見られたが、もっとできると思う。
今日はたくさんの方にスタジアムに足を運んでいただいて、感謝している。
もっと強い日本を見せられるよう、努力しなければならないことがある。
次のアウエーでのシリア戦に向けて、いい準備をして頑張りたい。

出展:Yahooスポーツ
ラベル:U−22
posted by 栃木SCファン at 20:24| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカーU22代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリア戦を前に U−22選手コメント

北京五輪アジア2次予選 シリア戦を前にしたU−22代表選手のコメント

■平山相太(FC東京)

「チームが勝つことだけを考えたい」

コンディションはいい。絶対に勝ちたい。シリアは強いので、思いっきりぶつかる。フィジカルは強く、ボール扱いもうまいが、日本の良さが出せれば勝てると思う。

(日本の良さとは?)パスが多く、人も動いて全員攻撃、全員守備のサッカー。チームが勝てるように貢献したい。

(3戦連続ゴールが懸かっているが)チームが勝つことだけを考えたい。一番に結果を求めたい。どんな形でも勝ち点3を取りたい。

■水野晃樹(ジェフ千葉)

「選手間でいいミーティングができた」

気持ちはめっちゃ入っています。選手間でもミーティングがあった。チームでのミーティングもあったけど、選手間でやったのも30分くらい。ポジションごとに分かれて意見を出して、方向性を確かめた。

音頭取りは、イノ(伊野波)じゃないかな。やってよかった。正解だった。方向性を確かめられて、いいミーティングだった。

シリアについては40分くらいビデオ見ながらミーティングした。戦術的な内容や要注意人物とかの確認。

オシムさんが(練習を)見に来ていて、引き締まると言えば引き締まる。A代表の監督だし。


U−22シリア代表タティーシュ監督のコメント

■平山対策を指示している

私たちには日本選手の情報があまりないが、平山選手に対しては対策を指示している。明日どういう形で彼を止めるかは今は言えない。

出展:Yahooスポーツ
ラベル:U−22
posted by 栃木SCファン at 02:07| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカーU22代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

栃木SCドロー、4位後退 JFL

Jリーグ昇格を目指す栃木SCは25日、県グリーンスタジアムで行われた第9回日本フットボールリーグ(JFL)前期第3節のジェフリザーブズ戦に1−1で引き分けた。

通算成績は2勝1分け。勝ち点を7に伸ばしたが、4位に後退した。

栃木SCは立ち上がりの前半4分に失点。後半後半18分には、MF堀田利明のCKにDF照井篤が頭で合わせ同点に追い付いた。

さらに攻め続けたが、シュートがクロスバーをたたくなど運にも見放され、痛い引き分けに終わった。

この日、栃木SCと同じ準加盟クラブのロッソ熊本は6−0でFC琉球に快勝した。FC岐阜もTDKSCに1−0で勝ち、ともに開幕3連勝。

出展:下野新聞記事
posted by 栃木SCファン at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木SC開幕3連勝ならず

栃木SCは、第3節となる3月25日(日)ホームの栃木県グリーンスタジアムでジェフリザーブズと対戦したが、1-1の引き分けに終わった。
JFL順位は、4位に後退。

1位は3連勝のロッソ熊本、2位は得失点差でFC岐阜、3位は横河武蔵野FCだ。

第4節のガイナーレ鳥取戦(4月1日)に期待したい。
試合会場は、米子市営東山陸上競技場。

posted by 栃木SCファン at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

中村俊輔2アシストの活躍 ペルー戦

サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップの日本代表−ペルー代表は2007年3月24日、横浜・日産スタジアムで行われ、日本が2−0で快勝し、今年の初戦を飾った。

ペルーからは初勝利で通算1勝2敗1分け。オシム監督就任後の通算成績は6勝2敗。

日本はオシム体制で初招集された海外組の中村俊(セルティック)、高原(フランクフルト)が先発。

前半19分に中村俊輔のFKを巻(千葉)が頭で決め、後半9分にも中村俊のFKから高原が加点した。GK川口(磐田)は日本代表史上2人目の通算100試合出場を達成した。

日本は6月上旬のキリンカップで2試合を戦い、3連覇の懸かる7月のアジア・カップ(ベトナムなど東南アジア4カ国共催)に備える。
 
出展:Yahoo NEWS

ラベル:日本代表
posted by 栃木SCファン at 02:36| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー日本代表情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

栃木SCの歴史

1953年に栃木県教育委員会傘下の教職員サッカーチームとして「栃木教員サッカー部」として設立される。1980年に国体教員の部が廃止されると、1994年にクラブチーム化、栃木サッカークラブに改称する。1999年に関東リーグに昇格するといきなり優勝。地域リーグ全国決勝大会でも2位に入って日本フットボールリーグ自動昇格を果たす。

2005年3月13日にJリーグ入りを検討し日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)を目指すプロジェクトチームを発足させることを発表した。 Jリーグに加入すれば、 北関東で鹿島アントラーズ、水戸ホーリーホック、ザスパ草津に次ぐJリーグチームになり、関東地方のすべての都県にJリーグチームができることになる。しかし、翌年に申請したJリーグ準会員登録は設備や運営形態が不十分であるとして保留され、また成績も昇格圏(最終成績で2位以上)にとどいていない。

2006年12月にかつて日光神戸アイスバックスへの出資で失敗している栃木県は、クラブに対して「チームには出資しない」と回答した。サッカーに限っては東日本JR古河FC、富士通サッカー部、ワールドブリッツ小山に続き4度目の支援拒否となる。

2007年2月20日に、ガイナーレ鳥取と共にJリーグ準加盟が決定した。

出展:Wikipedia
posted by 栃木SCファン at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木SCの概要

ホームタウンは栃木県宇都宮市。ホームスタジアムは栃木県グリーンスタジアムの他、栃木市の栃木市総合運動公園陸上競技場、足利市の足利市総合運動公園陸上競技場を併用する。

現在の形態はアマチュアクラブであるが、Jリーグ参入を目指すべく、2006年6月に運営法人である株式会社栃木サッカークラブが設立された。

2002年に設立された小学生年代のジュニアチームと中学生年代のジュニアユースチームに続いて、2006年には高校生年代のユースチームが設立され、下部組織の充実が図られている。

また、ホームスタジアムの栃木県グリーンスタジアムはメインスタンド以外は全て芝生席なので、Jリーグ昇格の際、座席(椅子席)への変更する工事などが必要となる。 但し、Jリーグ規格への改修対象スタジアムとしては、栃木県総合運動公園陸上競技場も候補に上げられており、所有者である栃木県が検討を進めている(2006年末の時点ではグリーンスタジアムが有力)。

栃木サッカークラブ出身のJリーガーに若林学(大宮アルディージャ)がいる。

かつて教員チームだったため、選手に教員が多いと考えられている。(共同通信社の2006年10月8日の記事によれば、選手の約半数が教員であるとされる)しかし、現状は国体(成年男子)対策で講師・臨時職員として雇用されている選手が多く、正規採用者は少ない。そのため、国体予選期間は選手層が薄くなるという特徴がある。(なお現在、教員チームとして栃木教員フットボールクラブがあり、全国教員サッカー選手権大会などに参加している。)

出展:Wikipedia
posted by 栃木SCファン at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木SC戦、女性と高校生以下の入場料無料

■目指せJ/栃木SC/25日のジェフ戦女性を無料招待/高校生以下も/ホーム2戦目(2007/03/21)
 Jリーグ昇格を目指す栃木SCは20日、県グリーンスタジアムで25日に行う日本フットボールリーグ(JFL)前期第3節・ジェフリザーブズ戦について、女性と高校生以下の入場料を無料にすると発表した。

 18日の開幕戦は、県グリーンスタジアムに栃木SC史上最多となる1万2539人が詰め掛け、開幕戦勝利を後押しした。

 このため、ホームゲーム2戦目となるジェフリザーブズ戦も、「祭りだ!サクラだ!サッカーだ!」をキャッチフレーズに、多くの来場を呼び掛けている。

 試合は午後1時キックオフ。7月まで清原工業団地のキヤノン宇都宮工場第2駐車場を借りているため、この試合も同駐車場の約2800台分を無料で開放。開幕戦同様、駐車場と会場を結ぶマロニエ交通の無料シャトルバスも運行する。

 また、JR宇都宮駅からは会場行きのシャトルバスが午前11時から約10分間隔で運行。乗り場は同駅西口3番乗り場。運賃は往復で500円(小学生以下は無料)。試合に関する問い合わせは栃木SC事務局、電話028・600・5555へ。

出展:下野新聞記事
posted by 栃木SCファン at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木SC開幕2連勝で波に乗る

■栃木SC 開幕2連勝/FC刈谷に2−0(2007/03/18)

第9回日本フットボールリーグ(JFL)第2節の栃木SCは21日、愛知県刈谷市のウェーブスタジアム刈谷でFC刈谷に2−0で快勝した。開幕2連勝でJ2昇格へのライバルの1つ、FC岐阜と並んで首位に立った。

 栃木SCは前半25分、MF山田智也が先制ゴール。後半9分にはFW吉田賢太郎の得点で突き放した。

 リーグ戦は4チームが連勝。栃木SCと岐阜が得失点差プラス3で並び、1点差で2チームが続いている。

出展:下野新聞記事
posted by 栃木SCファン at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。