2007年12月03日

サイト管理人より

栃木SCめざせJ1、日本フットボールリーグ(JFL)栃木SCファンサイト管理人より

JFL全試合が終了しました。
各チームそれぞれのドラマが展開した1年でした。
本サイト管理人が応援していた栃木SCは、JFL残留が決まりました。
栃木SCは、来季のJ2昇格を目指して既に始動しています。

栃木SCファンサイト管理人は、これからも栃木SCへの応援をして行きます。
本サイト訪問者の皆様も栃木SCへの応援をよろしくお願いします。


以下、日本フットボールオフィシャルサイトより抜粋

JFL後期第17節、今季の最終節は本日を持って無事終了いたしました。

第9回JFLの優勝は佐川急便SC、2位にロッソ熊本が決定していましたが、本日行われた試合の結果、3位FC岐阜、4位アローズ北陸と最終順位が決定しました。

こんきの戦いを振り返ると東京、大阪の統合でひとつになった佐川急便SCが、中口監督をはじめとしたスタッフのもとバランスの良いチームができ、得点王に輝いた御給匠選手を中心に、それぞれの選手が役割を十分に果たした結果がこの成績につながりました。

ロッソ熊本は、昨年逃したJリーグ昇格という目標を達成すべくチームを強化し、年間を通し大きく連敗することもなく、着実に勝点を積み重ね2位の座を確保しました。

3位争いは最終節まで4チームが凌ぎを削り、僅かの差で3位にFC岐阜、以下アローズ北陸、Honda FC、YKK APの順となりました。
Jリーグ昇格を目指すFC岐阜は3位で昇格条件の一つである4位以上を確保しました。
アローズはチーム編成が大きく変わりながらもチーム一丸となり4位に入賞しました。
連覇を目指したHondaは、前半戦の不振が響き、YKKも失点が多くコンスタントに力を発揮できず順位を上げることはできませんでした。

Jリーグ準加盟チームとしてリーグに臨んだ栃木SC、ガイナーレ鳥取は、選手をプロ化し多くのサポーターのもとがんばりましたが、チーム作りにはもう少し時間が必要でした。

7位の横河武蔵野FC以下、ジェフリザーブズ、流通経済大学、ソニー仙台FC、佐川印刷SC、TDK SC、三菱水島FC、FC刈谷、FC琉球も、それぞれ勝点差が表すように大きなチーム力の差はありませんでした。
少しの差を見せ、他のチームを引き離した佐川急便SCが抜け出したのも、このような状況からではないでしょうか。
残念ながら最下位のアルテ高崎は、明日決定するJリーグ昇格チーム数により入替戦を行うか残留かが決まります。
今季をもってJFLでの活動を終えるYKK AP、アローズ北陸の2チームの関係者には感謝申し上げると共に、新たな活動が始まる地元富山のクラブチームへの支援を引き続きお願い致します。

来季は、また新たなチームがJFLに加入します。
今季以上に皆様方に楽しんでいただけるリーグを目指しがんばります。
最後にJFLに対しご支援、ご協力いただきましたスポンサー、サポーター、報道機関をはじめとした関係者の皆様方に心より御礼申し上げます。

出展:日本フットボールオフィシャルサイト
posted by 栃木SCファン at 23:44| Comment(55) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最終戦勝利、栃木SC圧倒!粘る刈谷を退ける

JFL後期最終節の栃木SCは2007年12月2日、ホームの県グリーンスタジアムでFC刈谷と対戦し、2−1で勝利し、今季最終戦を白星で飾った。
最終成績は14勝10分け10敗、勝ち点52。
ジェフリザーブズが最終戦で引き分けため、前節からの順位を1つ上げて8位で全日程を終了した。

栃木SCは前半31分、DF石川裕之からのクロスをFW横山聡が合わせて先制。
44分にはMF高安亮介からのパスを再び横山聡が押し込んだ。
後半21分、一瞬のすきを突かれて失点したが、最後まで攻撃の手を緩めずにそのまま逃げ切った。

JFLリーグ戦は佐川急便SCの優勝、ロッソ熊本の2位が確定していたが、最終戦の結果、3位はFC岐阜、4位はアローズ北陸に決まった。



■順位表 最終結果
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 83 +50
2 ロッソ熊本 69 +31
3 FC岐阜 60 +14
4 アローズ北陸 59 +15
5 Honda FC 58 +19
6 YKK AP 55 +7
7 横河武蔵野FC 54 +6
8 栃木SC 52 +14
9 ジェフリザーブズ 52 +5
10 流通経済大学 50 +9
11 ソニー仙台FC 44 -13
12 佐川印刷SC 43 -12
13 TDK SC 42 +2
14 ガイナーレ鳥取 39 -9
15 三菱水島FC 35 -17
16 FC刈谷 28 -23
17 FC琉球 27 -44
18 アルテ高崎 7 -54

出展:下野新聞ニュース、JFLニュース
posted by 栃木SCファン at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

栃木SC/山下らプロ12人放出/昇格逃し厳しい査定

栃木SCは2007年11月29日、元日本代表のFW山下芳輝らプロ12選手と来季の契約を結ばないと発表した。
レンタルで獲得した2選手を除くプロ選手19人のうち、12人が今季限りで退団。
さらに来季は「オールプロ」の方針を打ち出しているため、アマチュア選手もチームを離れる。
来季はチームを一新してJ昇格を目指すことになるが、選手が全員プロになることで年俸など運営資金が増大することも予想され、資金面と選手強化のバランスも新たな課題となりそうだ。

栃木SCは現在、JFL9位。
J2昇格が認められる4位以内の可能性が消え、来季のJ昇格の道も断たれたことで、イレブンにとっては厳しい査定が下された。

来年2月以降、契約を結ばないのは、北出勉、谷池洋平、山田智也、西川吉英、山下芳輝、吉田賢太郎、石川裕之、茅島史彦、片野寛理、永井健太、高野修栄、金奇徳の12選手。
残りプロ7選手とは来季も契約を結びたいとし、リーグ戦終了後、交渉に入る。
このほか、アマチュア選手1人と新たにプロ契約を結ぶ方向で交渉を進めている。

J2京都からレンタル移籍したMF米田兼一郎、FW小原昇の2選手については、京都が保有権を手放したため、移籍先は今のところ不明だ。

柱谷幸一監督は来季のチーム編成について「オールプロで27人程度」にすることを明らかにしている。

既に大学生5人と仮契約を済ませているほか、大学生数人、JFLを含めプロ8人前後と接触。
12月11日のトライアウトを経て年内にはチームの大半を固めた上で、1月に予定しているセレクションで最終的なチーム編成を行う考えだ。

出展:下野新聞ニュース
posted by 栃木SCファン at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームゲーム平均入場者数/栃木SC リーグトップ/ほぼ確定現在4336人

日本フットボールリーグ(JFL)に加盟する栃木SCの本年度のホームゲーム平均入場者数が、最終戦を残しリーグトップの4336人となったことが27日、JFLのまとめで分かった。
2位のFC岐阜が既にホームゲームを終了していることなどから、栃木SCの年間トップがほぼ確定した。

JFLは現在、18チームが加盟。
年間、ホーム、アウェイゲーム各17試合の計34試合を戦うが、これまでに33試合が終了している。

このうち栃木SCのホームゲーム総入場者数は、一試合を残した16試合の時点で計69375人。
3月の開幕戦にはチームホームゲーム最多の12539人のサポーターが県グリーンスタジアムに足を運んだのをはじめ、一試合平均の入場者は4336人に上り、FC岐阜の3529人(17試合終了)を、約800上回った。

また、3位のロッソ熊本は、3407人(16試合)。18チームの平均入場者数は1288人だった。

昨年度の栃木SCホームゲームの平均入場者数は2139人で、リーグ3位だった。
本年度チームは既に勝ち点で6位以下が確定し、目標だった来季のJリーグ昇格が消滅したが、チームを支えたサポーターの“熱意”は昇格を争ったライバルチームを上回った形だ。

福田富一知事は27日の定例記者会見で「本県にJチームが誕生することが、元気な栃木づくりにつながると確信できた」と述べ、「選手はプレー、サポーターは応援、クラブは健全経営に取り組むことで、来期こそは昇格を」と期待を示した。

出展:下野新聞ニュース
posted by 栃木SCファン at 00:52| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柱谷監督の続投決定/1年契約、J昇格へ決意

去就が注目されていた栃木SCの柱谷幸一監督(46)は21日、宇都宮市内で新井賢太郎社長と会談し、来季も監督を続けることで合意した。
契約期間は来年2月1日から1年間。
柱谷監督は「できれば3年、5年と長くやりたい。
だが、この1年でなんとしてもJ2に上げなくてはならない。
そういう意味で自分やコーチ、選手も全員1年契約で臨む」と決意を示した。

柱谷監督は、高橋高前監督の辞任を受けて、JFL後期開幕の7月1日に就任。
ここまで15試合を戦い6勝3分け6敗。
プロ選手を中心に切り替えた昼間練習などで、練習方法や意識面でチーム改革を進めてきた。

チームは今季の6位以下が決まり、来季のJ2昇格が断たれたが、クラブ側は柱谷監督の指導力、手腕を高く評価。
新井社長は「来季J2昇格を決められるチームづくりを頼んだ。柱谷監督は、ユースなど育成にも関心を持っており、一緒になって仕組みづくりをしていきたい。5年、10年と長いスパンでチームづくりを考えてもらう」と述べた。

引き続き指揮を執ることになった柱谷監督は「このクラブで長くやり、最終的にJ1まで持っていく。そういう仕事に魅力を感じた。そのためにも、来年1年間でまず結果を出さなくてはならない」と抱負を語った。

出展:下野新聞ニュース
posted by 栃木SCファン at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木SC選手27人、全員プロ/来季構想

続投が決まった栃木SCの柱谷幸一監督は21日、来季のチームづくりについて、トップチームの選手、コーチ陣のすべてを「プロ化」することを明らかにした。
フロントも同監督の方針を了承した。

柱谷監督は「全員が生活、人生を懸けて臨まなくてはならない。(来季、J2昇格を決めるには)そうした体制づくりが必要」などと述べた。

チームの規模については「フィールドプレーヤー24人程度にGK3人を合わせ、最終的には27人程度に絞る」とした。

プロアマ混合のトップチームは現在選手39人。
プロ契約は開幕当初、9人だったが、シーズン途中にFW上野優作、小原昇、MF米田兼一郎らを獲得、また一部のアマチュア選手ともプロ契約を結び、現在は21人に増えた。

来季の契約では、既に来春卒業の大学生5人と仮契約。
現在も数人の選手にオファーを出しているほか、月内には現チームから引き続き契約を結ぶ選手も決定する。
来月行われるJリーグのトライアウトなども参考にした上で、最終的な契約選手を固める意向だ。

また、クラブの組織づくりについても触れ、ユースチームとトップチームの積極的な交流を図った上で、ユースでも実力のある選手は「夏ごろにはトップチームに登録しデビューさせたい」と構想を述べた。

新チームの体制については来年1月14日にスタートミーティングを行い、記者会見するという。

出展:下野新聞ニュース
posted by 栃木SCファン at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木SC本拠地整備/4万人収容の競技場を!

栃木県経済同友会(板橋敏雄筆頭代表幹事)と同会栃木SC研究会(会長・田辺勇治東京ガス宇都宮支社長)は2007年11月20日、Jリーグ2部(J2)昇格を目指す栃木SCのホームスタジアム整備・確保についての提言書を福田富一知事に提出した。

4万人以上収容で、ワールドカップ(W杯)など国際大会の開催可能な規模とし、県が候補地としている宇都宮市西川田の競馬場跡地やその周辺への整備を促した。

提言書は、栃木SC支援で14万5千人の署名が集まったことやJ2中位クラスの観客動員、男児100人当たりのサッカー人口が全国6位であることなどを挙げ、「チームが大きく成長する潜在的パワーがある」と分析。

基本理念として以下を挙げた。
(1)栃木SCがJ1上位を目指すことを念頭に置く
(2)まちづくりのシンボル
(3)国際試合の誘致
(4)子どもたちに夢と感動を与え、誇りが持てる

その上で、電車で県内全域からアクセス可能なことなどから、整備場所は「県総合運動公園内か競馬場跡地」とし、施設は「国際サッカー連盟の定めた諸条件をクリアするW杯仕様」とした。
収容4万人以上、観客席の3分の2を屋根で覆う仕様を想定している。

田辺会長は「拡張を想定して設計し、まず2万人規模で建設する二段階方式も考えられる。
ネーミングライツ(命名権)やイベント誘致などで黒字になっている例もあり、費用の問題は将来を見据えて考えることが大切だ」と述べた。

下野新聞社の取材に対し、福田知事は「具体的な要望があったので、県の体力と照らして可能かどうか、提言を参考にしながら規模などについて検討したい」と語った。

同友会と研究会は8月1日、茨城県鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアムと、さいたま市の埼玉スタジアム2002の両サッカー専用競技場を視察し、競技場整備の在り方を検討してきた。

出展:下野新聞ニュース
posted by 栃木SCファン at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

後期第16節 栃木SC 流通経済大学戦逆転勝利!

JFL後期第16節は、2007年11月24日各地で行われた。

前節の敗北で来季のJ2昇格が絶たれた栃木SCは、茨城県龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドで流通経済大学と対戦した。
J2昇格が絶たれたにも関わらず、アウェー龍ヶ崎市の試合会場には500人ほどの栃木サポーターが集まり、チームに大声援を送った。
前半は栃木ペース。
丁寧なビルドアップでリズムを作ったが、前半35分、コーナーキックから決められて先制を許す。
ハーフタイム、柱谷監督の檄に選手たちが奮起。
後半49分、山崎透選手の同点ゴールで追いつくと、横山聡選手、山下芳輝選手にもゴールが生まれ、結果3−2での逆転勝利を収めた。
今季初の逆転勝利にアウェーに駆け付けた栃木サポーターはいつまでも試合後の勝利の余韻に浸っていた。

栃木SCは後期第16節終了時点で13勝10敗10分。
勝点49、得失点差+13。現在9位。
残り試合は1試合。
次節の最終節、後期第17節は12月2日(日)、栃木県グリーンスタジアムでFC刈谷と対戦する。
キックオフは13時予定。



■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 80 +48
2 ロッソ熊本 66 +28
3 アローズ北陸 58 +15
4 FC岐阜 57 +12
5 Honda FC 55 +16
6 YKK AP 55 +8
7 横河武蔵野FC 54 +7
8 ジェフリザーブズ 51 +5
9 栃木SC 49 +13
10 流通経済大学 47 +8
11 佐川印刷SC 43 -9
12 TDK SC 42 +5
13 ソニー仙台FC 41 -14
14 ガイナーレ鳥取 39 -8
15 三菱水島FC 35 -15
16 FC刈谷 28 -22
17 FC琉球 24 -45
18 アルテ高崎 7 -52

出展:アイライン栃木SC応援レポート、JFLニュース
posted by 栃木SCファン at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

栃木SC、Jリーグ昇格消える!

JFL後期第15節は11月17日(土)、18日(日)に各地で行われた。

栃木SCと佐川印刷SCの試合は、18日、栃木SCホームの栃木県グリーンスタジアムで行われた。
前半栃木SCは上野の得点で先制するが、佐川印刷も大坪の得点で追いつく。
後半佐川印刷SCは東の決勝点で栃木SCを破る。
栃木SC対佐川印刷SCの試合は、1−2で佐川印刷SCの勝利。
この結果、J昇格を目指す栃木SCのJFL4位以内は無くなった。

昨日優勝を決めた佐川急便SCは、ホーム佐川守山陸上競技場でHonda FCと対戦した。
優勝を決めた佐川急便だがライバルHondaには負けられないこの試合、前半強風の下Hondaに主導権を握られるが、前半37分に堀のパスを受けた御給が決めて先制。
後半に入り風上の佐川急便は幾度となくチャンスを作るが追加点が取れない。
試合はそのまま終了するかと思われたロスタイム、Hondaは交代で入った川島の得点で追いつき引き分けに持ち込む。
佐川急便にとっては残念な引き分けに終わったが、サポーターから大きな拍手で称えられた。

ロッソ熊本と三菱水島FCの試合は、両チーム得点なく後半をむかえ49分熊本は、西森のパスを高橋が決めて先制するが、先制した直後の50分、三菱水島は相手のオウンゴールですぐに追いつく。
試合はその後も両チーム相手ゴールに迫るが得点を挙げることができずに引き分けに終わる。
熊本もこの試合で今季の2位を決める。
YKK APとTDK SCの試合は、前半TDKが押し気味に試合を進めるが両チーム得点無く終了。
後半に入りTDKは松ヶ枝の得点で先制すると、その後も2点を追加しYKKに快勝。敗れたYKKは元気なく4位に後退。

ガイナーレ鳥取とFC岐阜は、岐阜は前半35分PKを相川が決めて先制。
後半にも岐阜はジョルジーニョの得点などで2点を追加して鳥取に快勝。
勝った岐阜は本日YKKが敗れたため3位に浮上。

アローズ北陸とFC琉球の試合は、前半に石田の得点で先制したアローズが後半にも追加点を挙げて琉球を破る。

横河武蔵野FCと流通経済大学の試合は、武蔵野が原島の活躍で前半をリードして終えると、後半にも追加点を挙げ最後は流経大に1点差に詰め寄られるがリードを守り勝ち点3を加える。

ソニー仙台FCとFC刈谷の試合は、後半刈谷が先制するがソニー仙台は千葉の得点で追いつくと82分には西が得点を挙げ刈谷に逆転勝ち。

アルテ高碕とジェフリザーブズの試合は、両チーム得点なく迎えた後半、ジェフは大量4点を挙げて高崎に大勝。

今節が終了し1位、2位は決まったが3位以下の争いは残り2節、最後まで繰り広げられる。
後期第16節は、11月24日(土)、25日(日)に行われる。



■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 74 +45
2 ロッソ熊本 65 +28
3 FC岐阜 57 +14
4 アローズ北陸 55 +12
5 YKK AP 55 +11
6 Honda FC 52 +19
7 横河武蔵野FC 51 +6
8 ジェフリザーブズ 48 +4
9 栃木SC 46 +12
10 流通経済大学 44 +3
11 佐川印刷SC 43 -5
12 TDK SC 41 +5
13 ソニー仙台FC 40 -14
14 ガイナーレ鳥取 39 -7
15 三菱水島FC 35 -14
16 FC刈谷 27 -22
17 FC琉球 23 -45
18 アルテ高崎 6 -52

出展:JFLニュース
posted by 栃木SCファン at 23:06| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

栃木SC快勝で8位浮上!

JFL後期第14節は11日、各地で7試合を行い、9位の栃木SCは千葉県旭市の県総合スポーツセンター東総運動場で8位のジェフリザーブズと対戦、FW横山聡の2ゴールの活躍で2−0と快勝した。

通算成績は12勝10分け9敗。
勝ち点を46に伸ばし、順位は8位に浮上。
負ければJ昇格が断たれる4位以内が消滅する中、土壇場で踏みとどまった。

栃木SCは前半42分、CKからのゴール前の混戦で横山聡が押し込み先制。
後半17分にはFW上野の左クロスを再び横山聡が豪快なオーバーヘッドで決め、突き放した。

後期第15節は18日に行われ、栃木SCは県グリーンスタジアムで午後1時から、佐川印刷SCと対戦する。

優勝に王手をかけている佐川急便SCは、アウェイ龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドで流通経済大学と対戦した。
優勝がかかった試合で特別な意識はないとする佐川SCだが、ペナルティキックを外すなど、なかなかリズムに乗れずに前半を終了する。
後半に入り、53分に流経大がペナルティキックを決めて先制。
佐川SCも76分、堀健人の得点で追いつくが、目の前で優勝シーンを見たくない流経大がここから踏ん張る。
85分に金久保順の得点で勝ち越すと、その後も2点を追加して佐川SCを破り、優勝決定を阻む金星を挙げた。

2位ロッソ熊本はFC琉球と対戦。
熊本は今節の結果次第でJリーグ昇格条件の一つであるJFL4位以内が決まる。
試合は、熊本は前半25分に西森正明の得点で先制すると、前半終了間際にも矢野大輔が決めてリードを拡げる。
後半に入っても攻撃の手を緩めない熊本は、2点を追加し琉球に快勝。
これでロッソ熊本のJFL3位以内が決定した。

次節、優勝に王手をかけている佐川急便SCは、ホーム佐川急便守山陸上競技場でHonda FCと対戦する。



■順位表
順位 チーム名 勝点 得失
1 佐川急便SC 73 +45
2 ロッソ熊本 64 +28
3 YKK AP 55 +14
4 FC岐阜 54 +11
5 アローズ北陸 52 +10
6 Honda FC 51 +19
7 横河武蔵野FC 48 +5
8 栃木SC 46 +13
9 ジェフリザーブズ 45 0
10 流通経済大学 44 +4
11 佐川印刷SC 40 -6
12 ガイナーレ鳥取 39 -4
13 TDK SC 38 +2
14 ソニー仙台FC 37 -15
15 三菱水島FC 34 -14
16 FC刈谷 27 -21
17 FC琉球 23 -43
18 アルテ高崎 6 -48

出展:下野新聞ニュース、JFLニュース
posted by 栃木SCファン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー栃木SC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お探しの情報が見つからなければ・・・
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。